2017/07/27

Web内覧会vol.17【キッチンvol.1】

更新滞っててすみません。

キッチンです。

オーダーキッチンのリブレです。
キッチン選びの状況はコチラです。


それでは
キッチン1
ペニンシュラのフロートスタイルです。

天板からグルっと一周コーリアンで巻いてます。
内側の面材が濃い色なのでコーリアンの白が映えます。

キッチンはリブレですが、背面収納は家具屋さんに造ってもらいました。
照明の具合でちょっと違った感じに見えますが、面材はリブレから提供してもらった同じものです。

キッチン面材
日が当たるとこんな感じの面材です。
ゼブラウッドを濃茶で染めたものです。


天板の方は
天板
コーリアンのホワイトがキレイです。広くて作業スペースも十分取れます。
奥の壁は面台の幅だけキッチンパネルにしてます。
漆喰との差がなるべくない感じのものを選びました。この写真じゃ分からにですね。

シンク
シンクもコーリアンなので天板とシームレスになっている感じが滑らかで気持ちいいです。

水切り板もコーリアンで造ってるのですが、コレには2点ポイントがあって
御覧頂いてわかるように少し大きめの穴はペットボトルを逆さに差し込んで水切りできる事。
それとシンクの角度に合わせて縁をカットしているのでちょうどカポッとハマります。
なので余分な引っ掛けるところが必要ありません。

そして水栓はみんな大好きGROHEのMintaですね〜



コンロ
この写真ではキッチンパネルが少しわかりますね。
ウチはガスを選択しましたのでコンロはコチラです。
リンナイ デリシアです。
最初は100V電源にしようかと思いましたが、あまりメリットなさそうだし電池式にしました。
電源だとワークトップに余計な液晶がつくし。
電池は交換しなければイケないと言うぐらいしかデメリットはなく、何年かに1度ぐらいでしょう。
一応、将来的にIHに変更を考えたときのために200Vの電源設置はしておきました。


レンジフードはアリアフィーナ サイドフェデリカです。
ステンレスにするかホワイトにするかという意見がありましたが、妻に従いステンレスになりました。
減額調整でアリエッタ バルケッタになりそうでしたが、
やはりコチラのほうがスマートでよかったです。



前面は真ん中がカウンターで両サイドが収納です。
キッチンカウンター
まずカウンターですが、、、
う〜〜ん、ちょっとした時には使えますがはっきり言ってあまり用途はありません。
折角のオーダーキッチンなのでちょっと変わったものを取り入れたいという
スケベェ心が一番大きかったのでしょう。
でもいざという時には何かの役に立つかもしれません。


サイドの収納です
キッチン前面収納
奥行きも30cm程ありますので結構色々なものが収納できます。







それでは反対側は
キッチン2
(汚れててすみません)
手前のステンレスにパンチ穴が空いてるところが
まな板や台拭きなどの濡れたものを収納するところです。


食洗機はGAGGENAU DI 250 460
前に一度書きましたが、モデルチェンジ前に契約し取り置きということでしたが
リブレのご厚意により価格アップもなく新モデルを入れていただきました。
あとリサーチを続けてて気づきましたが、
100Vではなく200V
給湯は不要で給水のみ

建築に入ってましたが、基礎の段階ぐらいで気づいたので訂正間に合いました。
っていうかOさん海外製の食洗機入れるの初めて?
そんなわけ無いでしょ?これまでの物件どうなってるのでしょうか?







モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2017/07/05

Web内覧会vol.16【洗面浴室〜浴室編〜】

またまた、間が空いてしまいました。すみません。

浴室です。

浴室5
全面ガラス張りになっちゃいました。
ガラス戸のドアハンドルはL字型にしました。UNIONのG5666-01-001-H450-Wです。
丁番はフォンテトレーディングのSF-TS180です。コレ、結構高いですよね。
で、このガラスは洗面台と同じラインで切ってますが、丁番の分10cm程ガラスが長い予定でした。
3箇所つけてる丁番を下のフロートした空いているところにつけてガラスのラインと洗面台を
合わせて欲しいと要望したところ、ガラス戸の重さが結構ギリギリなので難しいと。
重いならガラス戸小さくして軽くすればいいでしょってことでW750→700に小さくして
この収まりにしてもらいました。700でも全然問題ないし。
むしろ扉幅を短くしたことで右のガラスが丁度タイル2枚分で目地に揃ったのでなお良し!



中に入ると
浴室1
浴槽はカルデバイ SANIFORM PLUS JAPAN MODEL 1600です
ジャパンモデルで深めですが、日本製に比べるとやや浅め。
しかし、オーバーフローを塞ぐことにより十分肩までつかれます。
浴槽長くなって脚もピンとは張れないまでも十分伸ばせて快適です。
ユニットだったらバスタブは横には広がるけど長いのがなかなかないんですよね。

浴槽の周りの立ち上がり、面台のタイルは洗面でご紹介したフォンテのものです。




窓の向こうにはバスコートがあります。
バスコート
植栽はロウバイです。
夏はシャワーで済ませて、冬に浴槽に浸かるので
冬の時期に開花するもので選定しました。
シャワーだけだと背中を向けてるだけなので。



夜にはライトアップされたロウバイを干渉しながら湯船に浸かりくつろぎます。
浴室3
洗面の下部のラインと面台、洗面の高さと窓の高さを揃えてつながりを出してます。
この写真だと面台のタイルが白いのがちょっとわかりますかね。
面台があることで洗い場がちょっと狭いかなぁとも思いましたが、
面積は少し小さいですが、空間は狭くないですし特に問題はないので良かったです。

そうそう、洗面編で書いてなかったですが、洗面台の高さは85cmにしてます。
既製品の標準的な高さは75cmが多いでしょうか。
賃貸マンションの際も低くて腰にきてたんでこの高さでちょうどいいです。
妻も問題なく使えてます。

タイルですが
床はサンワカンパニー メンヒル 300角ベージュ

壁は平田タイル Re-Work REW-2080Bです。
Re-Workは幅が20cmのものと40cmのものとあり、大判のほうが豪華にはなると思いますが
ウチのタイル割りの場合は20cmの方で良かったと思います。



反対側の壁には
浴室4
ソープ類を置くニッチがあり、中央のラインにシャワー水栓
ハンスグローエ アクサーチッテリオEです。

オーバーヘッドシャワーを導入する方も結構いるようですが、私は好きじゃないんですよね。
理由はまさしくコレ↓なんですよね。




以上、浴室でした。




モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2017/06/23

Web内覧会vol.15【洗面浴室〜洗面編〜】

洗面浴室です。


洗面浴室1
スケスケガラスの洗面浴室です。




昼バージョン                  夜バージョン
洗面浴室4洗面浴室2
窓の面積もありますし三面鏡の上下に間接照明を仕込んでるので明るくて気持ちいいです。
ただ、写真はダウンライトのみが分かりやすいですね。

窓はサーモスXですが、ここだけトリプルガラスにしてます。
おかげでというか全館空調もあるし全然寒くないです。


ちょっと戻って洗面浴室のドアです。
洗面ドア
引手(UNIONの物です)の上下に鍵をつけてます。
下は中からかけられる表示錠です。
上は外からかけられる引戸錠です。
引戸錠をつけているのは子供の水難事故防止のためです。




さてそれでは洗面をフィーチャーして
洗面1
コーリアンで造ったダブルシンクです。これで朝余裕を持って使えます。
水栓は掃除しやすいように壁付けでフォンテトレーディング BX-5209-Lです。
洗面の下のラインは写真だと電球色でベージュに見えますがホワイトのタイルです。
こちらもフォンテ エクストラホワイトです。浴室面台からつなげてます。

間の収納部分ですが、真ん中にステンレスのラインが入った引手になってて
洗面引出
中央に位置する穴の空いたところはゴミ箱入れです。
両端の引出し内部にはコンセントを仕込んでドライヤーを挿しっぱなしで収納できます。


三面鏡ですが、当初は洗面台の幅と同じくフルサイズでした。
しかし、フルサイズを三分割するとボウルの正面にちょうど割れ目がきてうっとしくなります。
分割部をずらしてみてもバランス悪くなりますので鏡全体の幅を少し小さくしました。
洗面台が1820に対して三面鏡が1500で500ずつに分割してます。


三面鏡1
三面鏡内部は収納で両脇にはコンセントを、真ん中には浴室換気扇のリモコンを隠してます。



三面鏡を幅いっぱいにしなかったのでスペースができました。そこで、、、
三面鏡3三面鏡コンセント
左横に回り込んだところにコンセントを設置しました。
収納内だけだと表で使う時に不便なので(妻のヘアアイロンなど)


コンセントは全部隠したので見えるところには出てません!



洗面浴室5
背面は木々してます。タイル壁を木にしたけどどうでしょうか?
自分的にはありかなぁと思いますが。
タオル掛けは提案のものリラインス R9103です。


下着収納
収納ですが、何故か棚板のカラー間違えました。
収納内なのでいいですが。
上部がタオル置きで下部の引き出しが下着収納です。




長くなったので浴室は次に回します。




モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2017/06/16

Web内覧会vol.14【ユーティリティ】

ユーティリティです。

ユーティリティ1
そんなに広いスペースではありません。
左手にはカウンターと棚で書斎同様のデスクライトを設置してます。
カウンターは立って作業するということで80cmにしてます。
正面には物干しバーが設置されています。
映ってませんが、写真の左上のところに分電盤を設置してます。


右手には、、、
ユーティリティ2
ガス衣類乾燥機乾太くん
いやぁコレ入れたかったんですよね〜
引っ越してから入れるつもりでしたが、
設置してくるとのことで早めに購入して竣工前に設置済みです。
洗濯機と縦に置くのは嫌だったので横に並べるようにしました。
で、台をもっと良いのないかなぁと探したんですがあんまりなくて
あっても乾太くん結構重くて重量に耐えられないものだったので
結局純正の台にしました。乾太くんと固定できるのでコチラのほうがまあ安心ですね。

この左のスペースに洗濯機ですが、
洗濯パンを置くかどうか結構悩みましたが結局やめました。
見た目にも掃除のしにくさ的にも無い方がいいかなぁということで。
漏水だけは気をつけないと、、、


あとちょっと見にくいですが、給水に加え給湯もできるようにしています。
洗濯機用水栓
カクダイ 127-102です。



洗濯機置くとこんな感じです。
洗濯
洗濯機は日立のビッグドラムスリムの初代型です。
排水は洗濯機の下ではなく掃除しやすいように乾燥機との間に来るようにしました。

洗濯機の台としてはhmd-5500を使ってます。
ひとつじゃちょっと狭いだろうとhmd-5510と二段重ねにしました。

あと洗濯機の扉には子供が入らないように念のためストッパーを貼っつけてます。


モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2017/06/13

Web内覧会vol.13【書斎】

書斎です。

書斎は主寝室に入って直ぐの一角にあります。
書斎1
デスクカウンターの幅が1870です。
書棚が延びてきてるのでフルには使いにくいですがそれでも1200余りあって十分です。
カウンターの奥、両サイドに配線孔を設けコンセント類はカウンター下に。
写って無いですが、配線受けも設置して散らばらないようにしてます。

書斎の一番のこだわりはカウンターの高さです。
JIS規格で平均的には700となっています。
平均身長も伸びて最近は720が多くなってきているようです。

私は183cmあるので700や720じゃ低いんですよね。
その高さに合わせるためには椅子を低くしなければイケなくて
脚の角度が窮屈になります。

そこでこの書斎のカウンターの高さを770にしました。
いやぁ〜ピッタリでした。
机への向かい心地?がちょうど良すぎます。
これで勉強、仕事も捗るっちゅうもんですよ。


で、改めて
書斎2
ここにはダウンライトの他にデスクライトもつけてます。
1枚目の写真でライト分からないでしょ?
夜の写真じゃ全体像が分からないので昼の写真にしました。


では夜の写真でライトにフォーカスします。
書斎3
どうです?光の広がり方。
デスクの奥の方にはしっかり全体を照らして、手前は眩しくないようになってます。


こんな感じに埋めてるんです。
書斎4
DNライティングの棚下照明TB3-LEDです。
建築知識2015年10月号で見つけました。
書籍にはもうちょっときれいな収め方をしてましたが、手間がかかるようでまあこれで十分です。
棚の厚みが30で照明の厚みが15です。棚を15彫り込んで照明を埋め込んでます。
この照明は書斎だけじゃなくスタディコーナーにもユーティリティにも使ってます。
同種のTXF3-LEDというのもキッチンに使いました。

アルネ・ヤコブセンのテーブルランプなどおしゃれなものを使う方もいらっしゃいますが
私的にはこっちのほうがすっきりして良かったです。



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村