FC2ブログ
2015/12/14

協立エアテックショールーム

協立エアテックのショールームに行きました。
何のショールームかというと冷暖房です。
協立エアテックは住宅もやってますが、ビルの空調が強いようです。
そしてこのecocotiという全館空調、多分同じシステムを他の会社でも使われているようで、メインの機器はダイキン製の空調です。

行ったのが9月中旬。
今年の気候の変化のせいもあり、すでにあまり暑くなかったんですが。

全館空調を体験できるのかと思ってたのですが、違いました。
クール暖というパネル式輻射冷暖房でした。

当初、PS社の放射冷暖房を導入できたらなと思ってたのでクール暖が良ければと思いました。
PSはちょっとイニシャルコストがかかり過ぎるということと
プロデューサーより建築家で自邸にPSを入れている方がいて
故障の修理に50万かかるケースがあったという話を聞いたので
メンテナンスを含めたランニングコストもかかると思い無いなという結論に。

そしてクール暖の検討ですが、結論から言うと止めました。

冷水は7℃まで下げることができ、一時それで還流していると大分冷えてきました。
そばによると結構寒いぐらいでした。
確かにヒンヤリして鍾乳洞の様な感じになりそうで快適になりそうでした。

全館空調と比べてイニシャルコストも同程度とのこと。
ただし、こちらは全館空調と違って換気は別に必要なのでその費用は余計にかかるでしょう。
コストについては他と比べてそんなに気にするほどでも無いかなと思いました。

快適さとコストでは止める要因にはならなかったのですが、止めた理由として

1.プラスチック製のパネルが安っぽい
PSのように金属製のものであればそう感じなかったのでしょうが、
実物を見てちょっとこのパネルを沢山設置するのはなぁと思いました。
樹脂サッシを導入しようとしてるじゃないか!というツッコミは無しでお願いします。笑
冷暖房は他のものでイケますが、窓の性能はトレードオフできませんので。
なるべくサッシの薄いサーモスXを使うということで。

2.サイズが制限される
最大2,050mm*690mmとサイズが小さいです。天井側が余ってうまく隠さないといけません。
PSのように(6mまでイケるんだったような)大きいサイズで作れるとデザインもやりやすい。

3.壁に設置
プランの関係ですが、部屋を仕切る位置に設置できれば一番スッキリすると思いますが、
あまり仕切る部位がなく壁付けになりそうです。
配置的にもかっこいい感じになりそうもありません。

4.枚数が多くなる
これは面積の関係上しょうがないですが、面積を広くとってしまったので、
恐らく10数枚は必要になりそうな感じです。
このパネルが家中にあるとちょっとね。。。掃除も面倒です。

よく考えたら1~4はひとことでまとめられますね。
カッコ良くない!

以前、ご推薦コメントも頂いたように快適さは輻射式で一番いいでしょう。
でも他の要因により止めました。

PSがもっと安かったらな。。。

なので全館空調にしようと思います。
全館空調快適という記事を各所で目にしますし
送風口のみなのですっきり、温度差が無いというのも良いです。
エアコン沢山置いて室外機も配管も沢山ということもないですし、
個別エアコンに比べて風の不快感も少ないでしょうし。
リビング階段では無いもののリビングから階段そして二階とつながっているので
個別空調よりは全館空調が威力を発揮すると思います。
特に広い家にしてしまいましたので全館空調が向いてると思います。

全館空調で懸念した室外機の騒音ですが、クール暖と同じ室外機とのことで
実際に聞いてみましたが騒音というレベルのものでは無いと感じました。

モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2015/12/28

断熱材

断熱材を何にするかですが

繊維鉱物系のグラスウールや繊維木質系のセルロースファイバー
発泡プラスチック系など色々ありますが

断熱材詳細についてはいろんなところに書いてますので置いといて


我が家には信者も多いアイシネンにしようと思います。



セルロースファイバーもちらっと挙がりましたが、沈下による断熱欠損が心配。
そしてOさんからはダウンライトをつけるのに向いてないと言われました。
(でも最初にセルロースファイバーを挙げたのがOさんだというのは内緒です)
でもよく考えたら天井断熱でなく
屋根断熱なのでダウンライトと断熱材関係ないような気がするけど...
配管などの制約を考えると天井断熱より屋根断熱がいいですが、
屋根断熱だと断熱空間が広がってしまいます。
両方のいいとこ取りは桁上断熱になると思いますが、
全館空調の必要配管や屋根の高さ、北側斜線を考えると桁上断熱ではカバーできません。
となるとやっぱり我が家は屋根断熱が一番向いているでしょう。



アイシネンは断熱性能自体はそんなに高いわけではありません。
もっと良いのは他にもあります。

しかし、断熱で大事なのは気密、気流止めです。
いくら厚く断熱材を入れても隙間があればダダ漏れです。
アイシネンはその気密をきちんと取れるということは大きいです。


あとは劣化しないということでしょうか。
これから何十年も生活するので劣化しない断熱性能が必要です。
アイシネンは生涯品質保証が謳われており劣化の心配がありません。多分。
グラスウールなんかは劣化しまくりです。


アイシネンの唯一の欠点が高額ということですね。



充填断熱にアイシネンを使い、外張り断熱にEPSボードを付加したいなぁ
付加は減額調整でひっかかるかも。


モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2016/01/28

給湯器

給湯器にはお馴染みの
・エコキュート
・エネファーム
・エコウィル
・エコジョーズ
・エコワン

だいたいこんなもんでしょう。


まず、オール電化じゃなくてガス併用にするのでエコキュートは無いですね。


エネファームとエコウィルは仕組みは違いますが簡単に言うと
ガスから電気とお湯ができるという事ですが、
床暖房を使わない我が家にはあまり向いてなさそうです。

ただ、全館空調を導入するのでエネファームなら持続的な発電が
相性が良ければ候補にあげられるかと思いました。
しかし、イニシャルコストが大きいことと騒音問題の懸念で外しました。



残りはエコワンとエコジョーズです。

エコワンは電気とガスのハイブリッドでお湯もそんなに貯めるシステムではありません。
床暖房にいいですよ的な事が書いてましたが、
ラインナップに暖房なしもあります。

なので暖房なしエコワン vs エコジョーズ

となりました。

結構調べてみましたが、エコワンの決定的なメリットが見つかりません。
・ランニングコストでイニシャルコストが取り戻せるとは思えない。
・結構良くない評価もある
・騒音問題も心配

そして決定打はなかったのですが
エコワンで後悔することはあっても
エコジョーズで後悔することは無い!


ということで我が家の給湯器は
エコジョーズ
となりました。



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2016/02/01

ガスの活用

我が家はオール電化ではなくガス併用です。
ガスは都市ガスの地域です。


エネルギーとしてガスを使うのにコンロにしか使わないのではもったいない。
ということでガスの活用です。


コンロの次はガスオーブンが挙がってくるかと思いますが、
我が家はガスオーブンまでは必要ないでしょう。
オーブンは電気で使います。

次に、ガス浴室暖房乾燥機。
全館空調ですが入れておいたほうが無難かな?
ガスのほうが温まりも早いし。
一緒にミストサウナも導入しようかと思いましたが、
継続的に使うかどうか自信なかったし余計な機能はつけないことにしました。
リンナイのRBH-C336K1Pです
スタンダードな1室タイプです。


そして、もうひとつ。
何を隠そうコレのためにガスにしたかったと言っても過言ではありません。
それは
乾太くん
ガス衣類乾燥機ですね。

我が家は一部を除いて乾燥機で乾かします。
現在はドラム型洗濯乾燥機を使用しています。
今はどうか知りませんが、当時調べたドラム型の中で洗濯も乾燥も一番高性能だった
日立のビックドラムです。
ビックドラム
今のマンションに入居したのが約4年前。ビックドラムは前から目をつけてました。
そこで部屋を決めた時に洗濯機置場のサイズを計って比べてみると何と入らない!
とショックを受けましたが、ちょうど同時期ビックドラムのスリムが出ました。
これはギリギリピッタリ入りました。

これで乾燥まで行っています。
太陽に当てて乾かすのは良いとは思うんですけど
タオルゴワゴワになるのが許せません。
乾燥機を使うと空気が入り古いタオルでもある程度ふっくらなります。
なので乾燥機は必須です。


色々調べてると乾太くんにたどり着きました。
コレ、調べれば調べるほど悪い評価が無くて大絶賛!
コレほど否が無くて賛ばっかりなもの初めてかもしれません。
もうリサーチしただけで虜に。
乾太くんは絶対導入しようと決めました。

一番のポイントは何と言っても早いということでしょう!
およそ1時間ぐらいで終わるようです。
今の電気式乾燥は予定表示時間が3-4時間で出ますが、結局5−6時間かかることも
フィルター掃除してもあんまり変わらないんですよね〜
電気代大分違ってくると思います。ガス代はプラスになりますが。

デメリットはガスの配管がいるということと排気口がいるということですね
ただ、これは新築時には問題ないと思います。



というわけで我が家のガスは
・コンロ
・浴室暖房
・衣類乾燥

の3通りで活用します。



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2016/02/04

エネルギーとスマートメーター

エネルギー
暖房に灯油、薪、ペレット、エタノールなどはありますが、

大きくは電気ガスだと思います。
北の方では灯油も同等かもしれませんが。九州なので灯油はストーブぐらいです。

最近は太陽光発電でオール電化が増えていると思います。
我が家は電気とガスの併用です。


今は住む地域によって電力会社、ガス会社はほぼ自動的に決まってしまいます。
(プロパンガスは選ぶ場合もあるようです)

しかし、2016年、2017年と電気、ガスの自由化が予定されています。

そうなるとガス併用の我が家では
西部ガスで電力・ガスともに契約すると安くなる可能性もあるかもしれません。
(現時点では料金等全く不明なのであくまでも可能性です)

あとはENEOSでんきで電気とガソリン、ケータイの割引を併用なども
(今のところENEOSでんきのスタートは首都圏だけなので福岡はまだです)


ただ、これらのことは建築時ではあまり関係ありません。
関係してくるところといえばメーターです。
従来型のアナログメーターからスマートメーターに変更になります。
スマートメーター
(画像お借りしてます。出展:関西電力)
いろんな機種があるようです。


九州電力管内では2016年から導入しいくようです。
そのうちどうせ交換することになるならば建築時に導入することも検討しないと。
建築時点で導入可能かどうかまだ不明です。

早期導入するにしてももっとリサーチしないといけません。




で、後日Oさんが九電や西部ガスの営業に聞いてくれたみたいですが、
結局のところ現時点ではどうなるか、どうするか分からない(営業レベルでは)
ということでした。まあ、普通のメーターになるということですね。


でも、九電の年末のリリースで28年3月から設置開始するって出ましたが。


モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。