2016/04/18

基礎換気資料の確認

さて、基礎の換気関係の書類を幾つかもらって帰って確認です。
養生水分について調べてもらい換気扇を選定してもらいオッケーとしていました。

しかし!

資料を見てみると、この換気じゃ駄目だ!気づきました。


資料には
1.30坪の基礎コンクリートの体積は9.6立方メートル
2.その水分量はおよそ6.6トン
3.養生水分が2年間で蒸発するとして1日約9L
4.建築学会の論文では「土壌から毎時10gの土壌水蒸気発生」基礎からも同等に出ている可能性
 (これ別に科学的根拠の提示もなく可能性として推論で書かれてます)

まあ、他にも色々書いてましたが
4.より、初期はもっと多いと推定して毎時20gと推定し計算されてました


そこで換気扇は
1年目は強275m3/h
2年目は中120m3/h
3年目以降は弱80m3/hの製品の提示でこれでイケば良いという案でした。


我が家はガレージを除くと30坪少々なので上記の資料と同等。
この場合土壌水分同等の10gで考えると1日約24L出るとの計算でした。
それを毎時20gで考えると
1日で48Lの養生水分蒸発
これ、毎日続けば結露どころか基礎水浸しですよね?
これで養生水分出ちゃうと2年どころかわずか5ヶ月で出きっちゃいます。

で、仮に土壌と同じ毎時10gだとしても10ヶ月です。
それも多すぎですよね〜
となると資料の考察がおかしい。

資料の3.の1日9L平均ということから当初多くても10~12Lぐらいかな?と
12Lで考えても毎時5g換算です。

この程度であれば小さい換気扇に足りなければ、
1,2年除湿機を基礎に入れておけば十分かなと。



そして、提案の換気扇は安定期からは80m3/hであると。
基礎の気積は31m3なので80m3/hだと換気が2.6回/hになります。
これ確実に室内換気とのバランス崩れますよね。

ということでした。
なので換気扇は再選定をお願いしました。
0.5回/hとなると15m3/hほどの極弱い換気扇です。




モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2016/04/25

窓〜サーモスXとAPW〜

窓は性能とデザインとを考えて当初すべてサーモスXにしてました。

ところが排煙規制のためリビングの窓をひとつ高所用にしなければなりませんでした。
高所用の窓はサーモスXにラインナップされていません。
そこでサーモスⅡ-Hになってました。

あ〜あ、残念だなぁ〜
しかも北側だしこの性能じゃサッシ結露するだろうな〜
しかも高いしいちいち拭かないだろうし〜

そうだ、他の種類の窓は?
エルスターX。。。
高所用なし。。。


YKKは?他社だしなぁ
とりあえず聞いてみよう。


なんとオッケーでした。しかも、樹脂サッシなのに。
(工務店的にもOさん的にも)
サーモスX入れた時点で樹脂がどうのこうのというのを忘れちゃったのでしょうか?


サーモスXはアルプラ複合でサッシ細めでデザインの向上を図ってますが、
YKK APWは樹脂サッシでサーモスXに比べるとややサッシ太め。
でも、まあリビングの高所用はともかく他もあんまり目立たないとこなら良くない?
ということで

リビングの高所用共有スペースだけどここはしょうがない
パントリーの勝手口ドアパントリーだし、価格は半額近くに
トレーニングルームの引き違いと縦すべり出し自分しか使わないし
和室の引き違い窓障子で隠れるし

これらを引き違い窓は
APW330真空トリプルガラス

引き違い窓以外は
APW430

に変更しました。




性能、価格でみたら全部APWがいいのですが、
見た目まで考慮するとサーモスXがですねぇ〜


パントリーの勝手口ドアなんてAPW430の定価の方が
サーモスXの見積もり価格より大分低かったからですね。





でも、大分あとで気づきましたが、LIXILのエルスターSには高所用もあったので
全部LIXIL統一で良かったような気もしましたが、APW430の方がね。



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2016/05/02

打合せ14th〜実施設計ほぼ完了〜

ほぼ完了?あれっ?終わってるはずだったけど。

終わる頃に予定がつかなそうなのでと前の週に一度打合せをしました。
週末か週明けに終わる予定なので終わったら図面を送ってくれるとのことでした。
週明けて週半ばまだ届いてなく、金曜日に仕事早めにあがれそうなので伺えますけど〜
ということでアトリエに伺いました。そこで終わってると思いましたが。

ほぼ終わってましたが、2,3詳細図がまだとのことでそれ以外の図面をいただきました。
枚数が増えることはもうないとのことで計63枚の実施設計図となりました。

図面の見方の説明を受けながらザラッ〜と
まあ、見方はほぼ分かりましたけど。

Sさんが描いてOさんがチェックするという態勢だったのだと思います。
Oさんから今までの要望メールも全部確認してかなりしっかりチェックしました。とのこと。

通常は多分ですけどこの終わった時点で見積もりのため工務店に図面提出すると思われます。
しかし、何と言っても面倒くさい施主だからと思いますがチェック期間を1週間いただきました。
(後日、食事に行った際に聞きました。やっぱり私だからチェック期間をくれたと。笑)
ちょうど次の日曜日に丸一日軟禁状態にならないといけなかったのでよかったです。
隅から隅までチェックさせていただきます。

まあ、しっかりチェックしてくれてるとのことなので概ね大丈夫かな。

と、思ったのですが、、、



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2016/05/09

実施設計図面のチェック

頂いた63枚の図面を入念にチェックしました。

しっかりチェックしていただいたとのことですが、思いの外修正が見つかりました。

ここでふっと思ったのが、
色々なブログで建築中に打合せの時に言ったことが反映されていない!
ということをよく見かけます。
大工さんたちは実施設計図で建てているワケですが、
つまり打ち合わせ内容が図面に反映されていないということですよね?
特にハウスメーカーかと思いますが、施主が実施設計図をチェックする事はないのでしょうか?
建築家物件だから実施設計図をチェックできるのでしょうか?
ここをチェックして修正しておけば建築中に言った言わないで遅きに失することはないのでは?
建築段階での間違いもあるとは思いますが。反映されていないというこは防げるでしょう。

ということでチェックします

図面63枚のチェックで修正指摘、確認など(一部再要望も少しだけ)が文書10枚になりました。
100項目以上!

多分、これまで送った文書100枚ぐらいにはなっているかと思います。
Oさんもブログにファイル2冊分になったと書いてたし。笑

また、面倒くさい施主から面倒くさいのが送られてきたと思われてるかもしれません。
でもしょうがないですもんね、間違え見つけちゃったんだもん。
指摘の中に私が間違えてるのもあるかもしれませんが。


さて、チェックしてみると

・スイッチの位置を変えたはずだけど元に戻ってたりとか
・洗濯機とガス乾燥機を入れ替えたが、給排水とガス管が入れ替わってないとか
・中庭の水栓に給水が来てないとか
・和室の全館空調の吹き出し口が収納内になってるとか
・トイレの換気扇の位置が矩計図と天井伏図で違うところについてるとか
・全館空調のリモコンが足りないとか

などなどこのまま建築するとまずったことになるような事がありました



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2016/10/24

大問題発生!その1

皆さん、覚えておいででしょうか?
(覚えてるわけ無いですね、すみません)

打合せ11th〜基礎断熱or床断熱〜
打合せ11th〜基礎断熱採用の方向に〜
打合せ13th〜基礎断熱、換気の確認事項〜
基礎換気資料の確認

これらの記事のやり取りがあって、その続きを記載していませんでしたが、
換気扇を代えて基礎断熱、床下換気を採用していたわけです。

当初提示があった換気扇は大丈夫なんですか?協立エアテックに確認して下さい。
というところから確認してもらうまえにこちらから全然ダメじゃないかと言ってました。
で、ダメだといったメールに提示してもらった資料の会社の換気扇であれば
換気量も大分小さいしイケる気もします。とも記載していました。

次の打ち合わせでその換気扇が入ってたので
あ〜〜これで大丈夫やったんや〜
と思い採用という経緯でした。

あと、もう一点補足を書いておくと
基礎断熱では床下暖房を効かさないと床断熱より足元の体感温度が低いです。
上記ひとつめのリンクにも書いてあります。
そこで基礎断熱に床断熱を併用しては?という提案もありましたが、
フラット35要項により却下としました。
(この要項も私が見つけたんですけど)




さて、、、、、



時は上棟を終え、基礎断熱材を貼り、床下地も半分ぐらい貼り、間柱もそれなりに入れたころ。
Oさんからメールが届きました。


============================================================

ところで床下・換気システムについてですが、
メーカーから出された内容を検討していたのですが
現在の計画の場合、給気をリビングから取り、床下で攪拌、一部を排気ということになっており
18時間運転で毎時25㎥排気されると上の協立エアテックの全館空調システムに
影響が出るようです。
協立さんが言われるには単独で外部より給気する方法ですが
その場合、床下の根太間に断熱材を敷き込み上の空間と断熱的に縁を切る方法が考えられます。
この件についてお電話でも構いませんので
早急にお打合せをすることができればと考えています。


============================================================











プッツン1






続く。。。




モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。