2015/05/28

住宅ローン

住宅ローンというと変動金利か固定金利のどちらを選ぶかが一番のポイントである。

結論から言うと

今なら絶対、固定金利

これまで下がり続けた金利、10年、20年前なら変動金利が正解だっただろう。
結果論だが。

しかし、これ以上下がることはまずないだろう。
住宅ローン減税やすまい給付金ですでにマイナス金利状態だし。

私的には2015年2月のフラット35固定金利
1.37%
これが史上最低だと思っている。
これ以上は下がらない。と思う。。。多分。。。


住宅ローンの金利というのは、長期金利と相関する
2015年1月に長期金利は
0.2%まで下がった。
そして翌2月に1.37%という低金利。
ここで35年固定を組めた人は超ラッキーだと思う。

現在、長期金利は0.4%程度に上ってるようなので、
自分の適応金利の時までに余り上がらないことを願うばかりである。
来月6月はフラット35は1.6%ぐらいかなぁ

長期金利は日銀が金融政策でドンドン国債を買ってるために下がっている。
さらにGPIFや厚生年金、共済年金、保険会社など多くが国債を買ってたので
国債の価値が下がってた。
しかし、GPIFなどは国債の配分を下げ株式シフトになってきている。

日銀がもう一段の追加緩和を行えばもうしばらく金利は横這いじゃなかろうか。
国債は買われすぎて買う分がなくなってきてるとのことだが
しかし金融緩和が終わってくると長期金利とともに住宅ローン金利も上がってくるだろう。

私はフラット35を選びます。

今のところ試算では2.0%で行っている。
金利が適応されることは1年半ぐらいあとのことだろう。
一応、2.5%でも試算しているけど2.0%以下になってくれることを祈るばかりである。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント