2015/12/07

打合せ4th~開口部編サーモスX~

4回目の打合せはてんこ盛りです。
3回目の修正案、各所収納、開口部と。
しかも収納の半分は5回目にする予定だったのに何故か今回全部入ってました。
大したものでなかったところは省略してます。

そして開口部です。
住宅性能も重んじるので高性能窓(熱貫流率が低い窓)を希望しました。
窓後進国日本ではまだまだアルミサッシが主流です。
アルミサッシの細いのでデザイン的にはソッチのほうが良いので、
得てして建築家は樹脂サッシを嫌います。

幸い今年に入ってLIXILからアルミ樹脂複合で高性能な
サーモスXが出ました。
サーモスX

これまで複合サッシもあまり性能は良くなかったのですが、これは高性能です。
そして、サッシも大分細くなりました。
これでデザイン的にも許容範囲かと。

Oさんも最初は、えっ?樹脂サッシですか?という反応でしたが、
何とかサーモスXを入れてくれることになりました。

とりあえずトリプルで考えて減額必要だったら複層に妥協しないといけないかなぁ

プランとして
リビングダイニングの南側大開口ですが、芯々6950mmあります。
Oさんが押していたLIXILのワイドウィンだと真ん中で分けてHKタイプを入れられます。
これが一番スッキリするかも知れませんが、熱貫流率2.91とNG!
そこで真ん中にFIXを挟んでその両サイドをHKタイプを入れる事にしました。
FIXは下枠フレームイン構造が採用されているのですが、HKのFIXはそれがない。
なのでここは隠し框にできないか相談。

リビング北側には地窓とハイサイドライトがついています。
地窓は塀も建ててるし良いのですが、
天井高3,500mmのハイサイドライトは将来北側に家ができた時に2Fから見えてしまいます。
ロールスクリーンをつけるか将来的にフィルムを貼るか窓自体をなくすか検討項目です。

トイレとユーティリティにはルーバー窓が提案されていてサーモスXには無いものです。
ルーバー窓は嫌い(掃除が面倒、断熱・気密が悪い)なのでサーモスX縦すべり出し窓に変更。

あと勝手口にはスライドドア(これもサーモスXなし)が提案されていました。
Oさんはここは機能的にもスライドドアの方が良いんじゃないですか?
換気のために開けておくためにも。
と言われましたが、ここはキッチンの背面収納とパントリーの向こう側になります。
勝手口側(北側)には家がありません。丸見えです。
仮に開けておいて誰かがこっそり入ってきても直ぐに気づかない。
ここでの開放換気は防犯上、絶対ナシ!
ということで勝手口ドアにしてサーモスX死守!

というわけで窓はすべてサーモスXで通しました。
ガレージの窓だけは建築工事で。断熱関係ないし。

唯一、私が意見を言わず従ったのは玄関ドアです。
本音は玄関ドアも断熱ドアにしたいところですが、意匠が大きく関わるところなので
ここはOさんの提案を素直に受け入れました。

そしてガレージですが
前にも書きましたが、やはりゼクラライト(H2,400)を導入するには高さ不足。
ガレージドア高さH2,150でした。
とりあえず、提案のアイエム社の木製オーバースライダーで進めることに。

以上、てんこ盛りの第4回打ち合わせでした。

モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント