2017/03/19

騒音トラブルその4

報告メールには
・最大出力を40%に減らした
・20時〜8時まで小音化した。小音化は12時間がマックス
・(何箇所か測定していて)室外機そばが79~83dB(出力落とす前です)
・対応策としてまず私が事前に提案してみた騒音緩和パネルを試してみる
・Oさんの考察

この最後のOさんの考察には
・隣人はエアコン運転音に対して許容度が低く、神経質になっている可能性がある
(アトリエの室外機は75dBである)
・防音壁パネルを設置しても了解を得られない可能性が高く、
 費用のかかる防音壁よりも生け垣で誠意を見せたほうが得策である


いやいや、80dB!?
十分騒音じゃ!
やっつけの生け垣で誠意は示せるかね?
生け垣が塀を越えていったらどうすんの?
みたいな返信をしました。



でもまあ、この出力を下げることで
結構緩和されて許容範囲になったかなぁと思ってます。
出力下げても屋内の快適性は保たれていましたし。
更に小音化設定で夜間は屋内には殆ど音が響きません。
日中に少し聞こえるぐらい
あとはかの家の人がどう捉えるかですが。



この翌日Aさんが来てくれました。
Aさんもこれぐらいならそうでもないねという意見でした。

で、伺ってみると、、、

留守でした。
いや、正確に言うと誰かいたようです。
多分、おばあちゃんが独りだったのでしょう。



Aさんと話をして
ひとまず調整してるがどうでしょうか?と確認してみる。
それで良ければOKだし、ダメな場合は次の策をということで
次の策の提案として

かの家に内窓を設置してあげる提案を

これは考えが及んでませんでした。いい案だと思います。
遮音性に加え、断熱性の向上、それに誠意も伝わりやすい。


ついでにこの日、室外機の音を緩和させるという防音シート
オトナシート
というものも貼ってみました。


ということでまた翌日伺ってみることに。



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント