2017/02/01

打合せ32nd〜施主検査からの引渡し延期〜

さあ、とうとうココまで来ました。

この日は人が沢山集まりました。
我々、夫婦。子供は保育園に。
アトリエから3名
工務店から2名
プロデュース会社から2名
家屋調査士1名
アイシネン施工業者2名
ルートロンを依頼した方1名
セコムから2名

計15名と大勢の人たちが集まりました。
そしてその周りでは外構工事継続中で更に5名ぐらいいましたが。


家屋調査士は登記のために。司法書士は後日。

ルートロンの方はねぇ、この人、ルーズ!
メールの返事は全然返してこないし、ルートロン設置もこの前日。
検査の日の前夜までリビングダイニングの照明の感じとそれに伴う漆喰の感じも確認できず。
OさんとプロデューサーAさんにメールでクレームしておいてこの日現れたというわけです。

あと、セコムは私的一番クレームを入れるところだったので来てました。



さて、施主検査が始まりました。
漆喰の塗り方ですが、正直どんなもんか分からないので塗ってる状態を
こんなもんですと言われれば私的にはあぁそうなのかなぁです。
多少気になるところはありましたが、私が言わずとも、、、

妻とAさんが漆喰の塗り方について片っ端から文句を言ってました。笑

この間、私は結構だんまりです。


更に階段の塗装が酷い!
階段の縁の漆喰のところも汚いし、塗装も荒い。
アンティーク調の家だったらこんな塗装でもありかもしれませんが、
ウチは全然アンティーク調じゃ無いし!
妻はこの階段塗装が一番ショックを受けてました。
きちんと塗り直してもらわないと気がすまないと。




そして、この次のところで私に火が点きます。
夜の写真ですみません。
ホームコントローラー

いや、ありえんやろ!こんなブサイクな設置!
どんだけ、飛び出とんじゃ!

普通はコレですよ!コレ!
セコム


しかも、この壁の中は配線がかなり沢山通っているところなので
壁を切るのが危ない、やり直すのは難しいという話に流れかけたのです。

いや、あり得ない!

途中から追加したわけじゃないんだし、
セコムのHPには「新築では埋め込み設置ができ、・・・」って謳ってるんですよ。

これが私に火を点けました!

これはちゃんとやってもらわないと困る。
費用を安くしてもらうとかいうことでは解決出来ない。
なんとかしてもらう様にということで。

他、穏便に済ませようとしてましたが、点いた火は簡単には消えず。

打ち合わせ等で変更してたところが変更前のまま施行されてたところや
指示通りにされていなかったところなど
当然されているべきことがされていないことについてクレーム!

現場で直接言わないように!
監理者を通して言うように!


そういうことでOさんを通して言ってるのに
大工まできちんと伝わってませんでした。などと言われた日にゃぁ


クォらァァ!



でしょ?



Aさんも色々言ってくれてました。
そこで引渡しを延期しましょう!とのこと。

この1週間後引渡しの予定でしたが、
1週間できちんと手直しをして引渡し予定だった日に再度検査を。

そしてその検査の手直しをもう一度した後に引渡しという事になりました。


幸い引っ越しは引渡しの10日ほど後に予定していたため日程的には何とか。





あっ、あとアイシネン施工業者にも来て頂いてたのは工事完了時の気密試験と断熱性能について。
また、記事にします。



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント