2016/04/04

耐震性

フラット35Sの基準で耐震性が関わってきますが、
耐震性については正直あまりこだわりはありませんでした。
良いに越したことはないですが、耐震等級3を目指してということもなく
要望は出しませんでした。

結果的には耐震等級2であり、まあいいかなという感じです。
フラット35SもこれでBタイプは確保できることになります。

リサーチもほとんでしていないので少しだけ。
嘘書いてるかもしれませんので、間違いがあれば遠慮なく突っ込んでください。
他の記事についても同様ですが。


我が家は木造で耐力壁は筋交いではなく構造用面材です。
これは良かったなと思っています。

良かって点として
断熱、耐震ともにメリットがあります。


断熱の観点から
筋交いだと熱橋になってしまいますが、面材だと熱橋にはならず断熱面が大きくなります。
また筋交いが入った三角形になる頂点部分など隙間に断熱材が綺麗に入るのも難しいですし。
私としてはこちらの方がメリットだと思っています。


耐震の観点から
耐震計算上は窓の壁は除外されますが、窓の上下には面材が入ります。
筋交いの場合は通常入らないそうです。
なので面材での耐震構造の場合は計算上の耐震性能よりいいそうです。
我が家の場合も窓の上下の壁スペースは結構あるので
ひょっとしたら実質は耐震等級3ぐらいの性能はあるかもしれません。


あってます?笑


モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント