2016/02/25

概算見積もり減額案その2

さて減額案その2です

まず、受け入れがたいが止む無く
タイル仕上げを結構削りました。外壁や一部屋内壁。
削った分はOさんからの提案のところばかり。
数少ないですが、私からここはタイルにしたいと言ったところがありました。
1.ガレージ床
ここをサンワカンパニーのベランダでガンメタルを入れてました。
これをカラクリート仕上げにすることで
▲34万
後ろ髪引かれながら諦めました。

受け入れがたいが止む無くはこの時点ではこれぐらいですかね。
あとから増えてくると思いますが。


次は保留案件
2.付加断熱
アイシネンで充填断熱を行いEPSボードの外張り断熱を付加という事で出していました。
これがですね63万なんですよ〜
減額調整する中では採用したらいいそれなりの額ですが、
もっと高額かと思ってたのでコストパフォーマンスは高いと考えてます。
とりあえず保留にさせてもらいました。
(でもコレ実は面積間違いで150万ほどかかることが後に判明してしまいました)



最後にNGの案件
3.浴室暖房乾燥機
これも減額案に入っていましたが、普通の換気扇も数万はするでしょうし。
でも全館空調だと意外に大丈夫そうとのことなのでいざという時には外しても。。。

4.浴室仕上げ
浴室壁をタイル仕上げにしていましたが、
それを3面中、1面だけにしてあとの2面はポリウレタン樹脂塗装にという事でした。
ここは妻もタイルがいいとのことだったのでそのままにしました。

5.ガレージドア
これをアルミ巻き上げシャッターとの事。▲94万
いや〜これは絶対 NG!巻き上げシャッターは嫌!絶対オーバースライドドアで!
前も書きましたが、別に木製にはこだわらないのでアルミで結構
・文化シヤッターのフラットピット
・三和シャッターの威風堂々
・レムコのメタルフラットドア
上記で見積もりを取ってもらいます。これでもある程度の減額にはなると思います。


ガレージ床とオーバースライドドアで110万程度は減額になるでしょうか。
ここまででおよそ920万。
さらに工務店経費が12%と消費税8%があるので920万の120%
約1,100万の減額です。
あと560万


次に窓と調光器について。


モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント