2016/02/15

打合せ9th~概算見積もり用図面再説明~

さて、プロデューサーがOさんとSさんと話してくれたようです。
Oさん達もわかってくれたようだとの事でした。

その後、Oさんからも連絡がありました。

不安を与えてしまった事、説明不足だった事、
私からのメール等の確認が不十分だった事の
お詫びという事で丁寧なメールをいただきました。

私も少しクールダウンしました。

そしてもう一度追加説明のために打ち合わせとなりました。





アトリエに伺うと再度、謝罪をいただきました。
断熱についても勉強し直していただいてるようですし、
今まで送った文書も見直していただいたようです。

図面を確認し文書6枚に渡りビッチリ記載した間違い指摘や要望など
すべて説明していただきました。
まず、図面の色々について説明が不足していたのですが、
どうもこの図面は元々渡してもらう予定では無かった図面のようでした。
そのため説明が不足してしまったと謝罪をされました。

何故その図面を施主に渡してしまったかって?

面倒くさい施主が欲しいって言ったから

でもまあ一言、まだ説明できてない変更点が幾つかありますとだけでも
言ってくれれば良かっただけの事ですが。

ひとつに窓が全然違うものになってる!っていうのがありました。
リビングダイニングのハイサイドライト
以前も書きましたように窓はすべてサーモスXにしています。
もちろん当該箇所もそうでした。そしてFIX窓でした。

それがFIXから横滑りだしになってるし、サーモスXからサーモスⅡ-Hになってるし。
完全に間違ってるやんと指摘していました。

しかし、理由があったようです。
FIXのままだと排煙規制にひっかかる。他に排煙設備か窓をつけないといけない。
そこで滑り出し窓、高所用のチェーンで開閉のサーモスⅡ-Hになっていたようです。
高所用はサーモスXないので。
えっ?そんなんチェーンとか垂れてたらカッコ悪いやんと思いましたが。
そこら辺は◎△$♪×¥●&%#?!としますが、自主規制。
規制に引っかかるとなるとな〜

実はこの窓、減額調整が必要になったら無くしてもいいかなとちょっと思ったのですが、
排煙規制となると無くすわけにはいきそうもありません。

もうひとつ、原案の時に全館空調はメーカーが入ってプランを立ててました。
間取りはほぼ変わってないため空調のプランもほぼ変わってません。
リビングダイニングが天井吹き出しから床吹き出しに変わってたぐらいです。
その変更だけしか無かったのに当初の見積もりから約25%もアップしていました。
それに物申してました。
最初からメーカー入ってプランもほぼ変わってないのに上がりすぎじゃないか?
それは見積もりが甘すぎるんじゃないか?
という事を。

それを確認してもらってました。
機器は屋根裏に置いてます。最初は屋根断熱でプランしていたのを途中で
天井断熱だと思ってダクトの断熱を強化したようでした。
我が家はこれらの機器が置いてあることもあり屋根断熱です。
それと床吹き出し口が結構高額になるという事でした。

屋根断熱なので当然ダクトの断熱分は減額になるし、
床吹き出しを天井に戻したので価格は大分納まるはずです。
もう一度見積もりし直してもらいます。

まあ、他にもいろいろありますが、面倒くさい施主が言ってる細かいことばかりです。

打ち合わせ中にOさんたちがここのサイズはいくつだっけ?と言ってるそばから
私が空でいくつですと殆どのところを覚えてたのを
横で妻がドン引きしてました。爆




ちょっとすったもんだはありましたが、
Oさんはいつも紳士的に対応してくださり信用しています。
ちょっと疎かった断熱についても勉強し直していただいてますし、
今後の仕事も信頼してお任せしたいと思っています。
もちろん私からの注文も多いですが。笑



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント