2015/09/07

保険(2)

何も勉強してなかった頃は医療保険や積立保険に入ってました。
しかし、勉強してその時の私には一切不要だという結論に至りました。

そこで医療保険は解約
積立はドル建てでしてて直ぐに必要な資金ではないため払い済みに
これは円高の時に積み立てれてたのでラッキーでした。
平均すると98.8円/$で積立てれました。


この積立保険は払済のままにしてるけど今は124円/$だし〜
と思ってて結局つい先日解約してしまいました。
しかもその直後に上海ショックで円高が急に進んでしまったので
ちょ〜ど一番おいしいタイミングで解約できました。
本来、保険は保険であって貯蓄目的とは考えないスタンスですが、
何も考えてなかった頃に積立てたもので保険としては不要な分なので
得するなら今のうちにと。。。
FRBの利上げも組み込まれてるだろうし。。。
結果、積立額より払い戻しが43万ほど多くなりました。
ぐふっぐふっ




保険を勉強した結果として、結婚した時点でも不要。
妻は自分で稼げるし、私の財産と遺族年金で十分。
まあ、私は健康体だし今のところ死ぬリスクは低い。
死ぬとしたら事故のリスクもあるがそれは自動車保険で大丈夫。






でも、妻が妊娠したときには保険を契約しました。
10年定期保険
保険を貯蓄として考えるのは非合理的だと思います。
コストが高過ぎる。それならば自分で運用したほうが良い。
掛け捨てでよし!

子供は2,3人の予定なのでもう一人できたら追加します。

因みに契約した保険は
チューリッヒ生命の定期保険プレミアム

一般的にはライフネット生命の保険料が安いでしょう

しかし、非喫煙健康体だとチューリッヒ生命が安くなります
我が家の保険料は年間

36,240円のみ
(自動車保険は別ですが)

月額3,120円を年払いで1,200円割安です。

この時、◯ルデン◯ャル生命に同条件で勧められた定期保険の保険料は月額6,999円でした。

。。。

因みに、メットライフアリコのスーパー割引定期保険も健康体で同程度に安くなります。
チューリッヒ生命のほうがわずかに安いのと、年払いにしたときは割引率が高いです。
メットライフアリコは年払いにしても数10円程度しか変わりませんでした。
HPの見積もりで確認できなかったので電話して聞いてみました。

しかし、健康体の基準がチューリッヒの方が厳しいです。
血圧が120/80未満なんですね。
上記を契約した時は118/70の健診結果だったのでOKでしたが、
その次の健診は120/72と収縮期血圧が120ピッタシでこれは割引率がワンランク落ちてしまいます。
そうなると血圧上限がもう少しゆるいメットライフアリコに分があります。
健診結果次第でチューリッヒかメットライフかを選ぶのがいいかなぁと思います。


因みに子供のための学資保険、これは目的としてはいいと思いますが、
コストがかかりすぎてリターンが少なすぎます。
およそ18年積み立てて年間1%もリターンがない。
インフレになったら損しますよ。
中でも◯んぽの学資保険はありえないほどです。
(◯は別の文字のほうがよかったかな)
18年かけてtotal3%のリターン!年率0.17%と話になりません。


世の中無駄な保険料を払っている家庭が多いですが、
安いスーパーを探しまわるより保険の見直しをしたほうがよっぽど節約になりますよ。

必要な資金と公的年金がどのくらいでるのかを計算して見なおしてみましょう



この記事は3ヶ月ぐらい前に書いてたもので
少し手を加え(積立保険の解約について)投稿しましたが、その後に考えに変化がでました。
次にそのことについて書きます。


よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント