2015/07/14

冷暖房(1)

住宅設備の中で色々頭を悩ませているひとつに冷暖房があります

冷房については別にエアコンでも問題ないけど、暖房エアコンはあまり好きじゃない
ムワッとする温風と風により誇りが舞うのが嫌いです。
ホコリとハウスダストによるアレルギーがあるので暖房をつけるとくしゃみが出始める
冷房の時は無いですが。湿度が高くてあまりホコリが舞わないのかな

そして暖房メインに何が有るか色々調べてみました

・エアコン
・床暖房
・灯油ストーブ
・ガスファンヒーター
・パネルヒーター
・地中蓄熱式床暖房
・床下暖房
・薪ストーブ
・暖炉
などなど

そんななか一番惹かれたのが

PS放射冷暖房

パネルヒーターの一種ですかね
冬は輻射熱でほんのりあたたかくなり、温風の不快感も無いしホコリが舞うこともない。
更に夏にはパネルに冷水が流れて結露となり除湿効果が生まれ鍾乳洞のような感じになるとのこと。

面談の時に建築家に聞いてみるとやっぱり良いと

あ〜これがいいな〜

しかし、大問題点が。。。

バカ高い

建築家曰くマンションリフォームで導入した時に

30坪で4〜500万!

。。。

高すぎる。。。

リフォームなので設置工事に多少費用が上乗せになるだろうから
新築だともう少しコストダウンになるとしても


面談の際に結構聞いてみたのでプランに入れてもらってたら全体との兼ね合いで考えてもなぁ

でも高すぎる

でも入れたいな。。。

よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2015/07/17

冷暖房(2)

冷暖房第一候補は

PS放射冷暖房



しかし、高すぎるためダメなときには他を考慮しないと。
その際、冷房はエアコンで大丈夫。

第二候補として上がったのは地中蓄熱式床暖房、床下暖房、全館空調、床暖房

地中蓄熱式床暖房も全館暖房でいいけど熱源を基礎の中に埋め込んでしまう方式であるため
万が一故障した場合に修理しようがない。まず、故障しないということらしいが、
歴史も浅いしやっぱり故障の可能性が否定出来ない。ということで無しかなぁ。


床下暖房も良さそうだけど寒冷地で使われており、温暖地ではあまり使ってなさそうだ。


全館空調は風量もホコリが舞うほど無いし温度差が無いのがいい
使うならVAVがついて個別温度管理ができるやつがいいかな。


床暖房は広く使われている足元の輻射熱で気持よくエアコンよりは絶対こっちかな
この場合は電気ヒーター式と温水式で後者は電気、ガスなどによる方式がありガス温水式かなと。


第二候補 ガス温水式床暖房

だろうか。。。

PS次第。。。


よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2015/07/29

太陽光発電

太陽光発電はデフォルトでは考えてません。

それは。。。

屋根にパネルが乗っているのが住宅デザインを損ねるから嫌いだから。
陸屋根などでパネルが殆ど見えないぐらいであれば検討してもいいかな。

しかし、取り入れたとしても売電するつもりはないです。。

買い取り価格は間違いなく下がるだろうし、
無くなってしまう可能性もあるでしょう。

買い取りがもし無くなってしまえば余剰電力分のパネルは無駄になるし。


私が太陽光パネルを乗せるとしたら

1.住宅デザインを損ねないこと

2.せいぜい3〜4kWの一般家庭の使用量程度まで


この条件で乗せることはあるかもしれない
多めに乗せる場合は蓄電池を導入するのがいいかも。

オール電化にはせずに都市ガスと併用します。
エネルギーを集約せずにリスク分散をね。


よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2015/10/05

ガレージドア

ガレージドアですが、木製オーバースライダーの提案です。

木製の他にアルミ、スチールとあるようです。
木製はやはり高級感、重厚感があっていいですね。
ただ、日当たりや雨の影響を受けるみたいなのでメンテナンスが必要。
北側だったり庇があれば大分違うんでしょうけど、うちは西側の庇なしです。


開閉はそのまま引っ込んでいくオーバースライダーの他に
巻上げ式とスイングアップの方式があるようです。
巻上げ式はあんまりかっこよくないですね。うるさいし時間かかるし。
スイングアップもゴージャスでかっこいいですが、あまり検討対象に入らず。
やっぱりオーバースライダーですかね。
因みにオーバースライダーとは三和シャッターの登録商標のようです。
一般名としてはオーバーヘッドドアのようです。
分かりやすくオーバースライダーで使わせていただきます。


第一候補は木製オーバースライダーで考えます。
オーバースライダーにするのは間違いないでしょう。
木製にするかアルミ、スチールにするかは未定。
木製の問題点は、先ほどのメンテナンスと価格です。


さてアイエム社はどうでしょうとのことで調べてみました。

メーカーとしては
・三和シャッター
・文化シヤッター
・金剛産業
・日本ドアコーポレーション(ニドコ)
・ワールドガレージドア
・レムコ
・アイエム
他にもあるかもしれませんが。主にはこんなところ

アイエム社はレムコ社の代理販売の様で同じ物みたいです。
他社よりはちょっと安いのかなっと思ってましたが、
ページの下の方にいくと

「電動と手動がお選びいただけます

 安心&便利なオプション
 電動オープナー:リモコンでラクラクドアを開閉」

え〜〜っと、標準手動かい!
本体が少し安めでもこのオプションが20万程。
更にジャックシャフトなるものも必要そうでこれも20万程。
更にさらにこれの取付費
何か他社のより高くなりそうです。。。

と思ってましたが、よくよく見るとREシリーズ(米国製)とIGシリーズ(日本製)があって
上記はREの方でした。IGの方は開閉方式の記載なし。
IGの方が安そうかな。。。


リサーチを進めると三和シャッターのゼクラという高級木製ガレージドア
つい最近これの廉価版ゼクラライトなるものが出たとのこと。
サイズ、カラーの規格化を図り3割ぐらいコストダウンしたと。

こっちのほうが安いそう
でも問題はサイズ!
このサイズH2,400*W4,800 or 5,400とのこと
幅は大丈夫そうだけれども高さがウチのプラン少し低かったような。
2,400じゃ収まらないかも。とりあえずOさんに問い合わせを。

これで収まればこれでイケそうな。
サイズがはっきりしてから各社への見積もりですね。

木製じゃなくてアルミでも良さそうな気もちょっとしてきたけど。。。
フラットピット(kk 文化シヤッター)とか威風堂々(kk 三和シャッター)でも
十分カッコイイし、メンテナンスの手間がかからないし、木製より安価だし。


よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2015/12/10

ガレージ玄関ドア

Oさんの開口部提案から漏れてたのが、ガレージエントランス。
ウチはメインエントランスとガレージエントランスが別で繋がっていません。
最初ちょっとどうかと思いましたが、よく考えたらあまり困らないのでそのままにしました。
私の外出はほぼ車なのでガレージエントランスが私のメインエントランスです。

ガレージの玄関ドアはスペース的にも引き戸です。
恐らくOさんはLIXILのガゼリアNで提案してくるはずだったと思うのですが。
(勝手口ドアがこの提案でしたので)
ガゼリアN
しかし、引き戸は断熱・気密が劣ります。
ガゼリアN気密は引き戸にしては一応A-4等級みたいです。
断熱性は良くありませんね。


そこでリサーチして引き戸で高性能なものを出しているところが2つありました。
ユダ木工
こちらは福岡にもショールームがあります。
で、その断熱引き戸です。熱貫流率は1.92と引き戸では高性能!
ユダ木工引き戸
ただね〜価格が高い。。。
定価で663,000円!


CTS
CTS玄関ドア
こちらも、結構いい感じ
でもね~高すぎるんです。
ユダ木工の倍ぐらい!
それにガレージの玄関ドアをこんな重厚感のあるものにしなくてもいいですしね。


とりあえず、ユダ木工を候補に見積もりをとってもらいます。



というふうに下書きしてました。
ガゼリアNの熱貫流率も加えとこう〜
確か3.5ぐらいだったような気がするけどもう一度調べてみてっと。。。

調べてみると確かにガゼリアN熱貫流率3.49と出てました。
以前のデータで。。。


今年5月にガゼリアN サーモスⅡ-Hタイプ(アルミ樹脂複合)が加わり
熱貫流率2.33まで改善。
あっコレならこっちにしてもいいかな。
本当はもっと高性能がいいけど価格多分50万以上は違うし。


これ、ブログ書いてるから気づけた事!
よかった。ブログしてるだけで50万得した気分。
ちょっと違うけど。。。


モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村