2017/03/25

Web内覧会予告

とうとうココまできました。
私がWeb内覧会を始めることになろうとは

そして知ることになるのです
建築写真の難しさを、、、


いや、元々全然写真なんてかじってもいませんよ。

写真取りまくりましたけど見てみると
全く思った感じに撮れてない!
何でしょう?よく皆さんきれいに撮れますね。
思った通りに撮れない上に照明!
特に間接照明が写り込んだ時のハレーション?フレア?がひどい。
一眼レフで撮ると上手くピントを合わせられない。



要はカメラど素人!
普段はiPhoneの写真で事足りてるもんで


かと言って写真の勉強するもの面倒くさいし
上手く撮れたら出すっていうのもいつになるかわからないし



ということでWeb内覧会での写真200%増しぐらいの出来ということでご理解下さい。笑
外観の全貌はとりあえず出す予定はありません。各所で一部はちょこっと。
ひとまず入居前の状態をアップして追加があるとこを入居後としてアップする予定です。
ただ、入居前の中に入居後の写真も混じってます。
入居前の写真を後から見返すと上記のようにまともに撮れてないものがかなり多かったので。
かと言ってアップするものがまともな写真というわけではないのでご了承下さい。



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017/03/27

Web内覧会vol.1【ガレージ】

念願のビルトインガレージです!

まず、こちらが日中の写真です。
フラットピットデイ
シャッターは文化シヤッターのフラットピットです。
カラーはステンカラー
袖壁はジョリパットの塗り壁ですですが、
当初、Oさんの提案はシャッターの高さに合わせたところまでタイルの提案がありました。
いやぁ、私的にはこの袖壁がタイルになるのはいくら妄想しても全然しっくりきませんでした。
Oさんが引き下がらなかったので、色々調べてみるとラムダワイドという商品があり、
それにステンカラーがあったのでせめてこれでという予定でした。
でも現場でサンプルとるとカラーが合わないということでタイル推しだったOさんも折れて
ジョリパットを塗り降ろすことになりました。
基礎の部分まで塗ることになりました。別に基礎の部分はモルタルで良かったんですが。

で、写真でもあるように横に線が入ってます。(処理前なので左右違う感じですが)
最初ここも塗りつぶされてたんです。
いやいや、ここ通気層の入り口やし。下の胴縁も縦に連続してるので潰すと通気できません。
なのでこの部分の通気は確保してもらうようにしました。

あと、ガレージの前には洗い出しタマリュウ
なんとか2台駐車できるスペースを確保してます。





そして夜の写真です。
フラットピットナイト
ライトアップされてまた日中とは違う印象に。
コレが竣工後。ラインが残りますが、通気層確保しないといけないので。

いやぁ、いいですね〜
オーバースライドドア(オーバースライダー)!
開閉は静かで速いです。



さて、それでは内部の様子です。
ガレージ1
既にタイヤ痕で汚れててすみません。
引き渡しの日の午前に塗り直しをして結局綺麗なまま写真を撮るチャンスを逃しました。
フロアはタイルにしたかったのですが、減額調整の波に飲まれてカラクリートです。
一面のペッとした感じになるのが嫌だったので目地を入れてもらいました。







ガレージ4
正面左側にはガレージエントランスの引き戸。
ガゼリアN(サーモスⅡH)です。
右側には収納を確保しています。
とりあえず、ベビーカーやチャイルドシート、キャリーケースなど入れてます。

足元に見えるのが車止めです。
施工中に入れてもらうハズだったのですが施工漏れ。
施主検査時に指摘して追加で入れてもらおうかと思いましたが、やっぱり止めました。
設置場所の検討で車種が変わってサイズが変わるとヤバイかもしれないと思ったので。
固定しないでいいですよ〜っていう御影石を置いてます。
私の車と妻の車とサイズが違うのでずらして置いてます。
まあ、結果的に施工漏れしてくれてよかったです。

車輪止め自体は私は必要ってワケじゃないのですが(妻は必要かな)
ハッチバック開けると結構ギリギリなので
ハッチバック開けても壁に当たらず、フロントもシャッターが閉まるところに収まる位置に
停車するには車輪止めあったほうが便利です。




ガレージ2
向かって右手の壁ですが、先ほどの写真にも写っていた換気扇を設置しています。

ガレージ換気扇
低めに設置したので子供が手を突っ込まないようにメッシュカバーつきのものにしています。
Panasonic FY-25LSMです。
で、この写真撮るまで気づかなかったのですが、スイッチがズレとるやないかい!
右が換気扇のスイッチで左がガレージ内の照明スイッチです。
照明スイッチはつけてなかったのですが、センサー照明でも必要ということで追加しました。
追加なので図面に無かったことですが、まさかズレてるなんて。。。
なぜ施主検査のときに気づかなかった。。。

ガレージコンセント
そして手前の方にはコンセントを2つ
電気自動車の充電用に200Vと普通の100Vを。
電気自動車持ってませんが、将来用に念のため。







ガレージ5
そして反対、左手の壁には大きめの窓がついて中庭が見えます。
中庭VIEWはちょっと出し惜しみします。笑

この窓は別に要望は出してませんでしたが、
愛車を眺められるようにとOさんが入れてくれてたのです。
でも、ガレージはセンサーライトだけでした。
暗けりゃ眺められませんよね。
ライトアップできるようにスポットライトをレールに3つのせました。
結局はライトアップしても眺めることなんて無いですがね。

窓は当初はもっと大きなサイズでしたが、高額だったため、既製品最大サイズで。
断熱空間ではないためアルミサッシのDuoPG(LIXIL)にしました。
横長のFIXと横すべり出し窓にしています。
換気扇をつけましたが、給気口としては設けずに窓からの給気にしました。

先ほどの右手の壁にも小さな横すべり出し窓を2個設置してました。
いやぁこれらの窓は設置しておいて良かったです。

断熱材も入ってないしと思ってましたが、
窓やガレージドアを閉め切ってると冬でもかなり湿気が溜まる状態に。
雨に濡れた状態で駐車するとまぁひどい!
晴れてる日でも窓が結露していました。
大工さんがいい仕事してくれたのでしょう。それとフラットピットの隙間の少なさですね。

換気扇回さずとも窓を開けるだけで通気、換気され湿気や結露は解消されました。
写真でもうっすら開けている状態です。
ちょっとしか開けてないので雨でもそのままで大丈夫です。
換気扇は梅雨〜夏に使用予定です。窓だけで済んで換気扇要らなかったりして。。。






モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2017/03/30

Web内覧会vol.2【アプローチ】

アプローチです。
ここ外観の一部を披露します。



ファサードの一部を構成するアプローチ!
アプローチ1
外壁にはレッドシダーを使ってます。
そしてその前にはシンボルツリーのシマトネリコ
4メートル!ちょっとでかすぎたかな
でその周りにはゴロタ石とちょっとばかしの植栽。
当初はもっとワサワサした提案でしたが、世話が面倒なのでもっとシンプルにと頼みました。
壁側はゴロタ石にしてもらったのはこの左に行くと自転車置き場があります。
わざわざ道路に回らなくても良いように、
雨の日も庇の下を通れるようにということで植栽でなくゴロタ石にしました。




アプローチ2
アプローチを進んで回ったところにエントランスがあります。
アプローチという言葉の通りで少し遠回りをして雰囲気を演出する感じです。
ただ、私の場合、殆どが車なのでメインエントランスからの出入りは少ないですけどね。笑

タイルは
アドヴァン モルジュ グリップ グレー 297*600です



外壁に付いてる黒いボックスがコレです
表札1
表札、インターホン、ポストをステンレスで収めてます。
黒のウレタン塗装にしてます。

インターホンは
Panasonic VL-SVD501KSです。

表札はステンレスに表記しようかとも思ったんですが、
何かイメージではしっくりこなかったんですよね。
で、色々リサーチしてたどり着いたのがFUTAGAMIでした。
真鍮はウチのイメージには無いんですが、この黒染めのタイプはしっくりきたんですね。
黒染めの掘り文字で作ってもらいました。



あとはポストですね。
表札2
このように左側が開くようになってます。
断熱・気密の点で壁にはポストつけたくなかったんです。
でもこれはOさんが頑として譲りませんでした。

しょうがないのでリサーチした結果、断熱性が高められた
Panasonic フェイサスintを使うことにしました。

そして、これどなただったか忘れましたが、
このタイプの郵便物を中まで入れないで挟んだ状態になるでしょう〜
そうなると断熱・気密が損なわれるから蓋をすればイイ!
蓋をつければ心理として閉めたくなるから奥まで入れてくれる!

というブログ記事をみましたのでやってみました。

そうするとモノの見事にちゃんと郵便物入れて蓋閉めてくれてます!
この案、提示されてた方、この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございますm(_ _)m




モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2017/04/03

Web内覧会vol.3【エントランス】

エントランスです。


前回の遠回りアプローチをグルっと回ると
玄関ドア
玄関ドアが現れます。
MIYAMA 桧ドアです。
ユダ木工のものです。

外壁がレッドシダーなのでレッドシダー塗装のものを選びましたがやはり差はありますね。
サイズは決まっているのでフルハイトではなく上部は羽目板で同色で塗装しました。
これの良い点として
・熱貫流率1.78と断熱性に優れている
・隠し丁番でスッキリしている

ということがあります。

このドアでも電子キーは設定できましたが別に必要性は感じなかったのでつけてません。

両袖はガラスになってます。


それでは中にはいると
エントランス1
左手の壁は外壁からのレッドシダーで続いており、それが天井にも回ってます。
正面、右手の壁は漆喰です。


右手にベンチをつけてます。
エントランスベンチ1
框の高さに揃えて段差をつけてます。



さて、内部は日中は玄関袖がガラスになっているので十分に明るいのですが、
写真で取ると手前が明るすぎて奥が暗くなってしまいますので(きれいな撮り方わかりません)
夜の写真に移行します。


一歩戻って再度玄関ドアから
玄関ドア夜
玄関ドアの前にはひとつ足元照明をつけてます。


また中に戻ると
エントランス3
エントランス2
左手は引き戸がついておりサブエントランスに入ります。
右手はリビングに入ります。
全館空調だし壁で直に中は見えないので扉はつけませんでした。

エントランス、サブエントランス、右手のところの照明は全てセンサーです。




サブエントランスの方に入っていくと
(あっ昼の写真に戻ります。ビニール傘いっぱいですみません)
サブエントランス収納
上部は明り取りのためのハイサイドライト
正面に収納があります。
見ての通り収納横に傘掛けスペース。
収納上部はコート類をかけれるようになっており
下部はポストの受取口があります。
エントランスポスト
取り出しやすいかなぁと思い2面開けるようにしてます。


サブエントランスに入ってグルっと回ると(エントランスの方を向くと)
サブエントランス鏡
引き戸のサブエントランス側が鏡になってます。
出かける前の身だしなみチェック!


そしてサブエントランスの全体像はこんな感じ。
サブエントランス
ハイサイドライトのお陰で明るいです。
たっぷりな靴収納スペースがあります。
こんなに必要?



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2017/04/06

Web内覧会vol.4【子供室】

次はどこにしようかと迷いましたがココにします。
子供室です。

子供室は何にもありません。空間があるだけです。

入り口から見ると
子供室1
やっぱり何にもない。
窓は高所用横すべり出し窓です。
私は届きますが、子供だと届かないのでチェーン式にしましたが
高気密高断熱住宅で窓開ける必要がなさそうなのでチェーンじゃなくてよかったかなぁ
照明はちょっと見にくいですが、この件でシーリングダウンライトです。
フローリングはIOCの0.6mmの突板ウォールナットです。



そして反対から見ると
子供室3
扉が見える以外は同じ景色です。
で、片側は窓で構成されています。
扉側から視線を振ると


バルコニーです
子供室2
床レベルが同じ高さでつながっているので更に広く感じます。



この子供室は部屋を分けてると小さい時分に使い勝手が悪いので
分けずに1Roomとして子供の遊び場にしています。
将来部屋を分けるようにするというのはよくやられていますが、
ウチのは多分ちょっと違います。




子供室4
分け方としては
で囲った部分が廊下で
で囲った部分が部屋です。
で、赤の部分を将来2部屋なり3部屋なり出来ます。

よくやられているのはこの廊下部分と部屋部分の間には壁と扉があると思います。
部屋部分が遊び場とされていると思います。
ウチの場合は壁扉も造らず廊下まで広げちゃいました。
まだ子供一人なんで一人でこの広さ!贅沢すぎですね。

将来部屋を分けるように考えてたけど、結局面倒だから収納など置いただけで
リフォームまではしないということをよく聞きます。

ウチはここまで取っ払っちゃったのでリフォームせざるを得ません。
このままでは丸見えでプライバシーもくそもあったもんじゃありませんから



この形にして悩んだのが照明のスイッチでした。
部屋部分は3部屋に分けることを想定して2個ずつ計6個の照明
廊下部分は3個の照明
そして悩んだ末に出した結論がコレ!
子供室スイッチ
扉入って左手の袖壁にあります。
右の3個並んでるのは部屋部分の2個ずつのセット
将来部屋に分けた時に廊下で点灯して部屋に入る。出るときもここで消灯。
部屋の中にもそれぞれスイッチは配置の3路スイッチにしています。

左のスイッチは廊下部分で、いちいち点けたり消したりも面倒だけど
センサーにすると現状ではうっとおしいかなぁと思いました。
そこで壁センサーにすることで現状ではスイッチを入切して使い
廊下になった際はセンサーによる自動点灯にするという風にしました。




空調の吹出口はこの部屋だけは床にあります。
送風口
当初、ダクトが吹出口に直接つながって室内に送風されるようになってました。
しかし、ダクトを吹出口に接続せずに床下に送風されるようにしてもらいました。
床下に送風されたものが、吹出し口から出てくる仕組みです。
子供室の下はガレージなので足元で断熱してます。
断熱してると言ってもやはり多少は冷たくなると思うので床下に吹き出すことによって
足元を温めようというわけです。





そして扉です。バランス悪くてすみません。
子供室扉内子供室扉外
左側が子供室側から見た扉で右側が外側(階段ホール)から見た扉です。
スリットが入ってるのは全館空調の換気のためです。
当初、大穴が空けられそうにだったのですが、ダサくて嫌だったのでコチラから提案しました。
スリットを斜めに入れてくれ
斜めに入れることによって向こう側は見えないし
そこから光が漏れることによって雰囲気が出るんじゃないかと。

でも出来上がったスリットは斜めじゃなくてクランク状になってました。
図面は斜めだったんですが。
技術的に難しいんですかね?まあいいやと思って聞かなかったですが。
クランクでは光の漏れはあまりありませんでした。

スリットの位置は階段ホールから見てバランスがとれるようにしたので
子供室側からみたらややズレてます。


もう一点、何か気づく事はありませんか?
ちょっと分かりにくいかもしれません。
階段ホール側には鍵がありますが、子供室側には鍵はありません。
右の写真の引手の少し上の部分にあります。
閉じこもれないけど閉じ込められるんです。

将来、閉じこもってもらっては困ります。
なので内側からは施錠できません。
外側から施錠して閉じ込めて遊ばせておけます。
直ぐ外が階段なので閉じ込めておけば過って階段を落ちる心配もありません。
扉にはスリットがあるので少し大きな声を出せばよく聞こえます。



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村