2016/09/12

打合せ18th〜トラブル対策の話し合い〜

クレームの電話で一旦工事中断となり、数日後プロデュース会社で打ち合わせとなりました。
施主、プロデューサーAさん、設計士Oさん、監督の4名集まりました。

まず、問題点を整理。
前記事では書いてなかったですが、基礎立上りの部分もかぶり厚が取れてない?という事がありました。
見た感じまだ固定をしてないだかなのだろうと思いその通りでした。
しかし、Oさんへの電話ではかぶり厚取れてるという話だったのでどういう事?という状況でした。
墨出し2
この写真の状況で取れているという話でした。
Oさんがチェックした時は墨出しがあっただけで、その後外枠が置かれ
まだ固定していない状況を私が見たという事でした。
これは特に問題ではありませんでした。


あとの問題は雨桶と貫通スリーブのかぶり厚です。


雨桶の位置については監督の誤判断による事が原因。
図面は見ていたとしても間違っているという事は見てないも同義!

そしてこれをしょうがなくOKとし施工を進める許可を出そうとしたOさんの判断ミス!
内桶も防露施工などを行いする事はあるそうですが(郵便局はそうだそうです)
しかし、それとこれとは別!
断熱は確実に悪くなりますし、何より私の気分が悪い!


ちゃんと図面通りの位置なるように引くようにして
鉄筋を切ったところはちゃんと補強しそれを確認するとOさんから説明がありました。


ここでAさんから
「ちょっと待って!」
「なんでOさんが、それをしゃべりよっと?
 それは監督が、こういう間違いをしてしまったから、こういう風にさしてくださいって
 説明して、それをOさんがそれで妥当かどうか判断するっちゃろうもん!
 聞きよったらOさんはまるで工務店側のように話しよる。
 本来、Oさんは施主の立場で工務店と話をせないかんやろうもん!」


そういう考えに及んでなかったですが、確かにそうですね!

この時改めて思いました。
Aさんにサポート頼んで良かった〜


Oさん「すみません、代理で説明していましたが、確かにそうです。」


まあ、なにはともあれ予定通りの位置に修正するという事と
貫通スリーブもホルダーを使ってかぶり厚を確保するという事になりました。



そして、今後の体制について

1.これまで監督による施工管理体制だったのを
 この監督を総合管理としもう一名の現場管理者をつけるという監督2名体制に。

2.設計者より余裕をもって施主への確認を行う為、工程表の提出を厳格にする。
 それが守られず突然の決定が迫られる場合は、工事を中断させる。

3.プロデュース会社を含め打ち合わせ内容をメールで共有できるようにする。
 次に同様の問題が発生した場合、設計監理者とは別に第3者(住宅インスペクター)を入れる。


ということになりました。





しかし、この問題は序章に過ぎなかったのです。




トラブルの話に入ってアクセスが増えました。笑
ありがとうございます。
このあとまだまだ出てきますので。笑
笑い事じゃないですけど。



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2016/09/28

打合せ19th〜セキュリティ、電気関係他〜

基礎工事途中ぐらいで打合せが入りました。




セキュリティ


まずセキュリティはSECOMとALSOKで検討しALSOKの方が安かったのですが、
ALSOKのセンサーは大きいのでデザインではSECOM優勢ということと
SECOMでは火災保険も割引きが効くので結局はそのうちSECOMが安くなりそう
ということでSECOMにしてました。待機所からの時間は同じくらいでした。

その契約ということで担当者が来ていました。
プランは出してもらってましたが、センサーをつける場所の調整が必要だったので
そこをちょっと検討して契約は後日に持ち越しとなりました。












グラフィックアイ



次にAVシステムの担当の方が来てくれました。
LUTRONによるライトコントロールの打合せ
テレビ、レコーダーについて
あと、予定していなかった音響システム
年取ったから?最近めっきり音楽を聞かなくなりました。
車内でもPodcastばっかり流してます。
でも、まあ一応見積もりを追加で出してもらうことにしました。













そして外壁カラーの相談、追加の要望や相談がありました。
外壁カラーについては後日現場で大きめのサンプルで確認ということになりました。


他の事項のうち2点。といってもどちらも窓についてですが。


窓はサーモスXにしてましたが、排煙規制に引っかかる部分に
高所用窓を使用しなければいけないことになり、サーモスXにその仕様がありませんでした。
それとともに減額調整のためいくつかの窓をYKK APW330/430にする予定でした。
しかし、外観色ブラックの予定でしたが330はブラックがなかったのでした。
ちょうどいいぐらいにLIXILからエルスターSが発売されLIXILに統一することにしました。

それと階段ホールがやっぱりちょっと暗いんじゃないかと
トップライト(天窓)の提案をされました。



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2016/10/05

打合せ20th〜外壁〜

基礎終盤でそろそろ外壁カラーを決めましょうということになりました。
プロデューサーAさんもじゃあその時一緒に上棟式の打ち合わせもしましょうと。

Oさんより部屋で見るとカラーも印象が変わるので現場で確認しましょうということに。
昼は仕事なのですが、金曜日なら17時に現場行ける可能性があるのでそれで予定。


さて、当日金曜日何とか仕事を終わらせて16:40定時ダッシュ!
(定時で帰ることなんてほぼ無いので何か後ろめたい気持ちです。笑)

ちょっと混んでて5分程遅れそうなので、自宅から直接向かった妻に連絡。
17時丁度に着いた妻から電話が
「誰も居ないけど。。。」

17:05到着。
妻子しかいない。。。

とりあえず、少し待って17:10まだ現れず。
しょうがない、電話しよう。

私「こんにちは。今日17時ですよね?」

Oさん「はい、お待ちしています。」

私「???今日、現場ですよね???」

Oさん「!?アトリエじゃなかったですか?アトリエで準備してました。
    Aさんもこちらに来るようになってるんですけど。」


と、電話しているときにAさん現場に到着。

私「Aさん、こちらに到着されましたよ。」

Oさん「え?分かりました。今から直ぐ向かいます。」

AさんがOさんに再度電話。

Aさん「なんしよっと?現場が常識やろぅ!はいはい、待っとくから」


Aさん「Oさんと今朝電話して、我々は17:20に現場にって話してたのにねぇ」



と、Oさんのチョンボにより近くの喫茶店で時間を潰しました。

17時にアトリエって絶対間に合わないのでそんな約束しませんから!
残念


20分で来るって言ってましたけど、絶対無理とわかってたので。
到着したのは40分後。。。
Oさんと現場統括監督と来られました。

Oさん「すみません、勘違いしてました。」



さて外壁ですが、ガルバリウムと塗り壁(ジョリパット)と一部レッドシダーの羽目板になります。
外壁1外壁2
外壁3外壁4

まず、写真でお分かりのようにすっかり西日です。
折角、屋外・現場での確認にしたのに見え方に影響が。。。

カラーは妻主導で選定していきます。

ガルバリウムはダークブラウン系で候補が挙がってましたが、
妻がダークグレー(銀黒)な感じがいいかなぁということで
Oさんもいいですねぇということになり
とりあえず、この中から1枚選んで上棟の日に銀黒と合わせて選定を

そして塗り壁はOさんはベージュを考えていて、
参考にと先日Oさんが手がけた物件を見に行きましたがちょっとベージュすぎるかなぁと
オフホワイトぐらいが良いとの妻の希望。
10数枚ほどのサンプルがあってその中から4枚チョイス
上棟の日に90cm大のサイズで再度造ってきてもらうということに。


さて、この週末明けから土台敷き、建て方に入ります。
翌週末日曜日に上棟式となりました。この日は式だけです。
その前に3日程かけて建て方を行うとのこと。
助っ人を呼んで1,2日で上棟することが多いそうなのですが、
我が家は今後も工事してくれる大工さん3名で日にちをかけてやるそうです。

助っ人大工さんがいない分、余計なご祝儀払わなくていいし、少し弾んでおくかなぁ。


モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2016/10/19

打合せ21st〜外壁と給水〜

上棟式が終わった後に現場で打ち合わせを行いました。

まずは先日確認した外壁から。
ジョリパットの塗り壁は90cm角の大きなサンプルをということでしたが、
この日は間に合いませんでした。ただ、これはまだ決めなくても大丈夫とのこと。

屋根と外壁にもってくるガルバリウムは屋根工事が始まるので今回決めないといけません。
前回残したダークブラウンともうひとつ銀黒
私は銀黒かなぁと思いつつもどっちでもいいので妻に決めてもらおうと思いました。

でも妻は悩みに悩んで決められません。
Oさんから明日の朝までに返事を貰えればということでサンプルを持ち帰りました。

翌朝、悩んだすえに銀黒で!と返事をしました。
銀黒ガルバリウム






次に、先日記事にした給湯引き込みです。
「給水はココですよね。じゃあ、給湯の引き込みはどうなってますか?」
前記事のように確認しますとのこと。
後日返事をいただき、間違ってるでしょうし私としてもそこを通すしか無いかなぁと思っていた
さや管ヘッダーの傍にある床下換気扇の排気ダクトのPSを利用することになりました。





モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2016/10/31

ジョリパットサンプルでまた問題

床下換気の問題で話し合いを行った4日後に現場打ち合わせの予定がありました。
その打ち合わせでは以前選んだ4枚の大きいサイズを確認する予定です。

話し合いの最後でOさんよりサンプルができているので現場に貼らせておきます。
4日後の打ち合わせ前に可能であれば確認してみてください。ということでした。


さて、話し合い翌日、私がメールを送って程なくしてきた返信メールは
サンプルが1枚しか貼られていない、総監督が発注していなかった。
という内容でした。


外壁の打ち合わせしたとき、総監督もいてメモもとっていたし
選んだ4枚の小サンプル渡したんですけど。

その打ち合わせの状況でなぜ1枚なのか
理解に苦しみます
と返信しました。


するとその翌朝、総監督からメールが来てました。
業者との連絡ミスで1種類しか届いておらず間に合わない
とのこと。

Oさんからは発注してないと聞いてるし、総監督は連絡ミスというし。
これは総監督がOさんとはちゃんと話したけど、
私には誤魔化すための嘘ついてるなと思いました。

しかしね、この面倒くさい施主をこんなことで誤魔化せると思うなよ!

前回、サンプルを選んだのが1ヶ月前です。サンプルができるのに約10日。
===================================
外壁サンプルの打ち合わせを行ったのが1ヶ月前でしたが、
サンプルができるのが10日ぐらいということなので2週間前にはできていたはずです。
連絡ミスで1種だったならもっと前に気づいてしかるべきだと思いますが。

===================================
とメールを返信しました。

CCでOさんとAさんにもね

とりあえず、言い訳して誤っておけばやり過ごせると思うなよ!ってね。


さて、このメールには返信は来ず。2日後、どの面下げて現れるのかと思いましたが、
その打ち合わせには現れませんでした。
この総監督ではなく監督が来られてました。
我が家は基礎工事でもめた時から監督2人体制になってたのです。
監督に代わりに謝られました。
この監督は一切悪くありません。
現場もよく来てくださるそうです。
逆に総監督は1,2週に1回ぐらいしか来ないそうです。意味なし。
あの最初のトラブル、排水管の位置をずらしたのもこの総監督!

もうね、総監督いらねぇ

監督だけでお願いします。




モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村