2016/02/18

打合せ10th〜概算見積もり〜

概算見積もりでました。
図面もある程度しっかりしたものを出しているので本見積もりに近い感じで出せます。
ということで、見積書も確しかにかなり細かく50ページ以上にわたるものでした。

そして予算からすでに契約したキッチン分を差し引いた金額から







驚愕の1,660万オーバー



チーン。。。
いろいろ余分なものが入ったから1,000万ぐらいはオーバーするかなと思ってましたが。
私たちが要望したものもありますが、あとからOさんが追加した分が結構ありますしね。
Oさんが追加提案したのが結構高いんです。外壁タイルとかパーキングのピンコロ石とか。
これは早々に減額対象ですね。

パッと見たときは1,300万ぐらいだったのですが、別に造作家具分が300万ありました。
これは工務店を通さないでしてくれました。
工務店経費が上乗せになりますので。キッチンに続きいわゆる分離発注です。

そしてその工務店経費は分かりやすくていいなと思いました。
いろいろな項目に上乗せされていくのが多いと思いますが、この工務店の見積もりでは
「現場管理及び諸経費」というかたちで別途項目になっていました。
それが12%分ということでした。

さて、どうしましょう。減額案。
アトリエからの減額案でトータル1,000万分出てました。
1,000万に経費の12%と消費税8%を加えて1,200万分です。
もちろん中には受け入れられないものもありましたが。

減額案の前に
地盤改良に見込まれていた100万は78万で済みました。
家庭菜園されていた更地で水道の引き込みが無かったので、上下水道引き込みに
なんと110万!
地盤改良より高い。。。無念。。。


次回にまず受け入れられる減額案を


モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2016/02/22

概算見積もり減額案その1

1,660万オーバーからの減額です。
とりあえず出た減額案は1,000万で経費、消費税が20%分あるのでまず1,200万でています。


1.タイル
外壁タイルが原案ではガルバリウムと塗り壁だったのですが、
途中でタイルはどうですか?と
メンテナンスも楽だし一応タイルで進めてもらいました。
これにはこだわりないので塗り壁にもどします。
▲277万
あと屋内のタイルを何箇所か
▲20万

2.ピンコロ石
ガレージの前のゲストパーキングスペース。ここは元々コンクリート洗い出しでした。
ここもこだわりないのでもどします。
▲84万


これだけで結構なりますが、これあとからOさんが追加した案件です。


3.外構の囲障
囲障を一部無くしたり、低くしたり、木フェンスからメッシュフェンスに変えたり
▲77万

4.断熱材アイシネン
でてきた金額がOさんがよく使う他の現場発泡ウレタンの3倍ぐらいあったとのこと。
確認すると定価ででていたとのことで、単価修正がかかり減額。
まあ、これは減額案とは言えないかもしれませんが
しかし、壁50mm→105mm 屋根100mm→200mmにすることにしているので
およそ3割ぐらい上がるだろうとのことで増額
▲51万

5.全館空調
前の記事で床吹き出しをやめたりダクトの断熱材が薄くなったり
▲30万

6.フローリング
前にミ◯ターフローリングの床材でと。どこそれ?っていうことを書きました。
メーカー決められなかったのでとりあえずそれで入れてました。
平米あたり挽き板16,000で突き板10,000でした。
それがニッシンイクスの挽き板11,600とアドヴァンの突き板8,700になり
▲43万
いろいろサンプルも取り寄せましたが、決められずもうこれでいいかなぁと半ば投げやりに

7.壁、天井
塗り壁をビニルクロスに変えたところと塗り壁塗料のランクを落としたところと
▲84万

8.設備等
設備のランクを落としたり
▲43万

9.照明
照明を減らしました
▲15万
もう少し減らします

10.ガレージ窓
建築工事にしていた窓を少しサイズダウンし既製品サーモスⅡ-Hに
▲12万
しかし、ガレージの窓はもっと性能を落としてもいいのでDuoPGにしてくださいと。
もう少しコストダウンになると思います。

11.間違え
重複していたり、計算間違えていたり、勝手に個別エアコンが入ってたり
▲70万

その他いくつか

上記トータルが▲約810万これは比較的すんなり受け入れられました。


さて次回は受け入れがたいが止む無く、保留、受け入れないというものを


モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2016/02/25

概算見積もり減額案その2

さて減額案その2です

まず、受け入れがたいが止む無く
タイル仕上げを結構削りました。外壁や一部屋内壁。
削った分はOさんからの提案のところばかり。
数少ないですが、私からここはタイルにしたいと言ったところがありました。
1.ガレージ床
ここをサンワカンパニーのベランダでガンメタルを入れてました。
これをカラクリート仕上げにすることで
▲34万
後ろ髪引かれながら諦めました。

受け入れがたいが止む無くはこの時点ではこれぐらいですかね。
あとから増えてくると思いますが。


次は保留案件
2.付加断熱
アイシネンで充填断熱を行いEPSボードの外張り断熱を付加という事で出していました。
これがですね63万なんですよ〜
減額調整する中では採用したらいいそれなりの額ですが、
もっと高額かと思ってたのでコストパフォーマンスは高いと考えてます。
とりあえず保留にさせてもらいました。
(でもコレ実は面積間違いで150万ほどかかることが後に判明してしまいました)



最後にNGの案件
3.浴室暖房乾燥機
これも減額案に入っていましたが、普通の換気扇も数万はするでしょうし。
でも全館空調だと意外に大丈夫そうとのことなのでいざという時には外しても。。。

4.浴室仕上げ
浴室壁をタイル仕上げにしていましたが、
それを3面中、1面だけにしてあとの2面はポリウレタン樹脂塗装にという事でした。
ここは妻もタイルがいいとのことだったのでそのままにしました。

5.ガレージドア
これをアルミ巻き上げシャッターとの事。▲94万
いや〜これは絶対 NG!巻き上げシャッターは嫌!絶対オーバースライドドアで!
前も書きましたが、別に木製にはこだわらないのでアルミで結構
・文化シヤッターのフラットピット
・三和シャッターの威風堂々
・レムコのメタルフラットドア
上記で見積もりを取ってもらいます。これでもある程度の減額にはなると思います。


ガレージ床とオーバースライドドアで110万程度は減額になるでしょうか。
ここまででおよそ920万。
さらに工務店経費が12%と消費税8%があるので920万の120%
約1,100万の減額です。
あと560万


次に窓と調光器について。


モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2016/02/29

概算見積もり減額案その3

減額調整窓ですが、窓はアルプラ的には高性能のサーモスXにするとしていました。

トリプルガラスで考えて減額必要であれば複層ガラスにしないといけないかなと思ってました。
トリプルガラスで400万(運搬費36万)
複層ガラスで260万(同25万)でした。
差額140万!

やっぱり結構違いますね。
でも防火地域じゃなくてよかった。とんでもなく高いみたいですもんね。

トリプルガラスは諦めて複層ガラスにするしかないかなと。
しかし落とし穴が。
見積もり総計1,660万オーバーの額は実はトリプルではなくすでに複層だったとのこと。
だから、トリプルで入れてたら1,800万オーバーだったんですけどね。

窓での減額は数を減らすかサイズダウンするか。。。
サーモスXのトリプルはかなり高額でしたが複層は思ったより。。。
無くしたりサイズダウンしてもそこまでの減額にはならなさそうです。

大きかったのはリビングダイニングの大開口と
子供部屋エリア廊下の引き違い窓(掃き出し窓)3セット
この2箇所でおよそ100万で全体のおよそ4割です。

無くす、サイズダウンはOさんと要相談。


もう一つは調光システム
工務店ではDAIKOで見積もってます。およそ5万ほど。

別の店舗でルートロンを見積もってもらいます。
なんと67万円!
とんでもない差額ですね。
でもまあ、よく見ると調光器に接続必要ない照明も接続になっていて
6ゾーンコントローラーと3ゾーンコントローラーの2つが入ってました。
また、余分な子機やロールスクリーン制御なども入っていたので
そういった部分を削って31万まで減額。
それでも大分高いですね。

でもできればルートロンにしたいのでとりあえずこれで進めます。+25万



窓の減額や他にもいくつか削れそうなところがあったので
1,660万オーバーから大体500万オーバーぐらいまでは削れました。

まだ、500万以上もオーバーしてる。。。


シミュレーションしていたローンですが、、、
一応、余した額で検討していたのであと500万は増額できる余裕をもってました。
しかもこれはフラット35の金利2.5%でシミュレーションしてます。
2.0%以内には納まってくれそうなのでまだ余裕は出そうですが流石にここでリミットとします。



なのでローン増額すれば何とか納まりそうです。
しかし、まだ概算見積もりです。
この中にはいくつか項目が抜けてたものを発見しているので本見積もりではまだ上がるはず。

外張り付加断熱を断念しなくてはいけないか。
はたまた虎の子資産出動させるか。。。できれば手を付けたくないけど。。。


概算見積もり減額案最後と思いましたが、このあともう少しでてきました。
なのでもう1件追加。




モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2016/03/03

概算見積もり減額案その後の追加

減額案について受け入れ可否の連絡をしてしばらくして返事が来ました。


可否の連絡の中で外壁面積でなんか合わないなぁというのがあったので
問い合わせをしていました。
なんというかやっぱりというか面積が大幅に間違っていました。
そこで外壁タイル減額が▲277万→▲386万
なんと100万以上の減額幅拡大!

屋内タイルとピンコロ石で104万
合わせて490万
経費と消費税の20%で588万!

Oさんが追加したのだけで最低こんだけはあるや〜ん

どんだけ〜〜



あとガレージドア
木製オーバースライドドアで194万で出てました。
サイズは4,800*2,136です
アルミで見積もり取り直してもらうと(税抜き)

三和シヤッター
威風堂々 木目調    178万
         ステンカラー 109万

文化シヤッター
フラットピット オーク    97万
             ステンカラー 79万

レムコ(これはサイズが4,850*2,110)
フラットドア メタル   97万
             スティール 80万


このような結果でした。
ネット検索の印象だとレムコが安価な印象でしたので、
レムコのスティールよりもフラットピットが安価だったのは予想外でした。

フラットピットのステンカラーかなぁ
それで▲115万

二項目合わせて▲224万



そして調光システムLutronを見積もり取り直してもらうと30万
DAIKO見積もり5万から△25万

他、30万分を施主支給に。


概算後の減額調整を合わせるとおよそ1080万
からの20%を加えるとおよそ
1,300万の減額

これで当初からは360万程のオーバー
この後、他にもちょこちょこ削りました。
500万増額を考えると


なんだかイケそうな気がする〜〜




だた、見積もりに入ってなかったのもありました。
大きなのは足元の断熱階段ユダ木工玄関ドア

足元の断熱は基礎断熱か床断熱かが議論中で決まっておらず入っていません。


そして、階段ささらのデザインが決まってないので入ってません。
Oさん的には稲妻型にするつもりだったのですが、私がNGを出しました。
稲妻型結構多いですけど、なんとなく嫌いなんですよね。
それに子供が角で怪我しそうですし。


ユダ木工の玄関ドアは実際いくらぐらいでしょうか?
あまり値引きなさそうな気もしますが。


これでちょうどぐらいになるかなぁ
いくつか復活させられるかなぁ



でもあくまでも概算見積もりなんですよね。。。


モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村