2017/04/17

Web内覧会vol.7【廊下兼スタディスペース】

廊下兼スタディスペースです。


廊下1
純粋な廊下としてのスペースはこの手前の部分2mほどです。
その一角にリモコンニッチを配置しています。


そのニッチは
リモコンニッチ
以前に一度取り上げました。コチラです。
飛び出たSECOMのコントローラーはなんとか収まりました。
その他にはインターホン、給湯器、幾つかのスイッチと
ルートロンです。
なんかルートロン目立たない感じになっちゃいましたけどまあいいです。
ルートロンは調光機能がすばらしいです。



では、スタディスペースです。
スタディ1
約3mのカウンターと棚を2段設置してます。
配線孔を設け、その下にコンセントを設置しています。
左手には本棚があります。


開いてみると
本棚
結構な量が入ります。
左上の小さな箱は全館空調の動力分電盤です。
右上にはPanasonic マルチメディアポートALLギガを入れてます。
できる人は自分で分電盤造るんでしょうけど既製品に頼りました。



カウンター側を反対から見ると
スタディ2
まあ、同じですがもうひとつリモコンニッチがあります。


空調リモコンニッチ
下のNKスイッチ以外は全部空調関係のリモコンです。
全館空調のスイッチは入れたら数ヶ月入りっぱなしだし殆ど触ることはありません。




モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017/04/13

Web内覧会vol.6【和室】

次は和室です。

和室って別に無くてもいいかなぁとも思ってました。
でも来客用に一室必要だし、そのためだけに洋室でベッド置くのもなんか違うなぁと。
特にお義母さんなんかは和な人だし〜
来客用は和室でいいかぁという感じでそんなに思い入れもなく設けた部屋でした。



でも出来上がるといい感じ
想定してたよりいい仕上がりとなりました。


何が影響したかというとコレだと思います。
打合せ27th〜壁紙他〜

和室で唯一リサーチして取り入れた収納に使った襖紙!
コレが効いてると思います。


それではその和室は、、、、




和室1
黒の襖紙とその下の床の間の黒のスチール板とマッチしました。
畳は琉球畳タイプの半畳縁無し
天井は化粧突板

天井と収納と畳と全部割り方が揃ってます。


天井のダウンライトは散らすか集めるか迷いましたが、
集めてまあ良かったかなと思います。

そしてもうひとつ収納の下に間接照明が。
和室2



夜だとこんな感じです。
和室4


昼の写真じゃわかりにくいですが、夜だとわかります。
障子は貼ってるだけじゃなく包んでます。
和室5
それではこの障子を開けてみると、、、





サクラ1
はい、アップ!



サクラです
サクラ2
なんともありがたい借景です。得しました。




それでは中に戻って奥から反対を見た感じは〜
和室3
空調の吹き出し口やコンセントを収納下の死角になりやすいところに配置。
あと、火災報知器が引き戸の上部に設置してますが、ここで良かったと思います。




モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2017/04/10

Web内覧会vol.5【趣味室】

趣味室:トレーニングルームです


ジム行くのになかなか時間がとれなかったり、往復の時間がもったいなかったり
ずっと会費払っていくんだったらっていうことで

家に作っちゃたが早いんじゃない?ってことで作ってしまいました。

いやぁなかなか作らない部屋ですよね。
アホですね。笑ってやって下さい。笑

TR1
扉を開けるとこんな感じです。
まあ、普通の洋室です。床もフローリングだし。
天井は表し梁になってます。
あと、この部屋だけ全館空調引かなかったのでエアコンがついてます。



さて、これは普通の感じですが、反対から撮ると、、、



じゃ〜ん
TR2
一面鏡張り!
おかげで部屋の広さが倍に感じます。

また、物置いた様子は改めて出したいと思います。



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2017/04/06

Web内覧会vol.4【子供室】

次はどこにしようかと迷いましたがココにします。
子供室です。

子供室は何にもありません。空間があるだけです。

入り口から見ると
子供室1
やっぱり何にもない。
窓は高所用横すべり出し窓です。
私は届きますが、子供だと届かないのでチェーン式にしましたが
高気密高断熱住宅で窓開ける必要がなさそうなのでチェーンじゃなくてよかったかなぁ
照明はちょっと見にくいですが、この件でシーリングダウンライトです。
フローリングはIOCの0.6mmの突板ウォールナットです。



そして反対から見ると
子供室3
扉が見える以外は同じ景色です。
で、片側は窓で構成されています。
扉側から視線を振ると


バルコニーです
子供室2
床レベルが同じ高さでつながっているので更に広く感じます。



この子供室は部屋を分けてると小さい時分に使い勝手が悪いので
分けずに1Roomとして子供の遊び場にしています。
将来部屋を分けるようにするというのはよくやられていますが、
ウチのは多分ちょっと違います。




子供室4
分け方としては
で囲った部分が廊下で
で囲った部分が部屋です。
で、赤の部分を将来2部屋なり3部屋なり出来ます。

よくやられているのはこの廊下部分と部屋部分の間には壁と扉があると思います。
部屋部分が遊び場とされていると思います。
ウチの場合は壁扉も造らず廊下まで広げちゃいました。
まだ子供一人なんで一人でこの広さ!贅沢すぎですね。

将来部屋を分けるように考えてたけど、結局面倒だから収納など置いただけで
リフォームまではしないということをよく聞きます。

ウチはここまで取っ払っちゃったのでリフォームせざるを得ません。
このままでは丸見えでプライバシーもくそもあったもんじゃありませんから



この形にして悩んだのが照明のスイッチでした。
部屋部分は3部屋に分けることを想定して2個ずつ計6個の照明
廊下部分は3個の照明
そして悩んだ末に出した結論がコレ!
子供室スイッチ
扉入って左手の袖壁にあります。
右の3個並んでるのは部屋部分の2個ずつのセット
将来部屋に分けた時に廊下で点灯して部屋に入る。出るときもここで消灯。
部屋の中にもそれぞれスイッチは配置の3路スイッチにしています。

左のスイッチは廊下部分で、いちいち点けたり消したりも面倒だけど
センサーにすると現状ではうっとおしいかなぁと思いました。
そこで壁センサーにすることで現状ではスイッチを入切して使い
廊下になった際はセンサーによる自動点灯にするという風にしました。




空調の吹出口はこの部屋だけは床にあります。
送風口
当初、ダクトが吹出口に直接つながって室内に送風されるようになってました。
しかし、ダクトを吹出口に接続せずに床下に送風されるようにしてもらいました。
床下に送風されたものが、吹出し口から出てくる仕組みです。
子供室の下はガレージなので足元で断熱してます。
断熱してると言ってもやはり多少は冷たくなると思うので床下に吹き出すことによって
足元を温めようというわけです。





そして扉です。バランス悪くてすみません。
子供室扉内子供室扉外
左側が子供室側から見た扉で右側が外側(階段ホール)から見た扉です。
スリットが入ってるのは全館空調の換気のためです。
当初、大穴が空けられそうにだったのですが、ダサくて嫌だったのでコチラから提案しました。
スリットを斜めに入れてくれ
斜めに入れることによって向こう側は見えないし
そこから光が漏れることによって雰囲気が出るんじゃないかと。

でも出来上がったスリットは斜めじゃなくてクランク状になってました。
図面は斜めだったんですが。
技術的に難しいんですかね?まあいいやと思って聞かなかったですが。
クランクでは光の漏れはあまりありませんでした。

スリットの位置は階段ホールから見てバランスがとれるようにしたので
子供室側からみたらややズレてます。


もう一点、何か気づく事はありませんか?
ちょっと分かりにくいかもしれません。
階段ホール側には鍵がありますが、子供室側には鍵はありません。
右の写真の引手の少し上の部分にあります。
閉じこもれないけど閉じ込められるんです。

将来、閉じこもってもらっては困ります。
なので内側からは施錠できません。
外側から施錠して閉じ込めて遊ばせておけます。
直ぐ外が階段なので閉じ込めておけば過って階段を落ちる心配もありません。
扉にはスリットがあるので少し大きな声を出せばよく聞こえます。



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
2017/04/03

Web内覧会vol.3【エントランス】

エントランスです。


前回の遠回りアプローチをグルっと回ると
玄関ドア
玄関ドアが現れます。
MIYAMA 桧ドアです。
ユダ木工のものです。

外壁がレッドシダーなのでレッドシダー塗装のものを選びましたがやはり差はありますね。
サイズは決まっているのでフルハイトではなく上部は羽目板で同色で塗装しました。
これの良い点として
・熱貫流率1.78と断熱性に優れている
・隠し丁番でスッキリしている

ということがあります。

このドアでも電子キーは設定できましたが別に必要性は感じなかったのでつけてません。

両袖はガラスになってます。


それでは中にはいると
エントランス1
左手の壁は外壁からのレッドシダーで続いており、それが天井にも回ってます。
正面、右手の壁は漆喰です。


右手にベンチをつけてます。
エントランスベンチ1
框の高さに揃えて段差をつけてます。



さて、内部は日中は玄関袖がガラスになっているので十分に明るいのですが、
写真で取ると手前が明るすぎて奥が暗くなってしまいますので(きれいな撮り方わかりません)
夜の写真に移行します。


一歩戻って再度玄関ドアから
玄関ドア夜
玄関ドアの前にはひとつ足元照明をつけてます。


また中に戻ると
エントランス3
エントランス2
左手は引き戸がついておりサブエントランスに入ります。
右手はリビングに入ります。
全館空調だし壁で直に中は見えないので扉はつけませんでした。

エントランス、サブエントランス、右手のところの照明は全てセンサーです。




サブエントランスの方に入っていくと
(あっ昼の写真に戻ります。ビニール傘いっぱいですみません)
サブエントランス収納
上部は明り取りのためのハイサイドライト
正面に収納があります。
見ての通り収納横に傘掛けスペース。
収納上部はコート類をかけれるようになっており
下部はポストの受取口があります。
エントランスポスト
取り出しやすいかなぁと思い2面開けるようにしてます。


サブエントランスに入ってグルっと回ると(エントランスの方を向くと)
サブエントランス鏡
引き戸のサブエントランス側が鏡になってます。
出かける前の身だしなみチェック!


そしてサブエントランスの全体像はこんな感じ。
サブエントランス
ハイサイドライトのお陰で明るいです。
たっぷりな靴収納スペースがあります。
こんなに必要?



モチベーションアップのためよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村